プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
亀さんのデビュー…?
亀さんは「つーほんメール]というメルマガに登録しているんだが、今月の5日に発行された第253号で、「40代以上で勉強中の方、仕事を始めた方、ご協力ください!」という記事に目が止まり、読んでみた。どうやら亀さんもアンケートの対象に入るようなので、まぁ新人の翻訳者の参考になるんならということで、アンケートに協力しても良いという旨のメールを送っておいた。すると忘れた頃にアンケート用紙が送られてきたので、回答を記入して送り返したところ、数日して今度はインタビューされることになった(笑)。まぁ、本当に掲載されるかどうかは分からんのだけど、載るとすれば『通訳・翻訳ジャーナル』2013年夏号(5月21日発売)らしい。

13032401.jpg

考えてみるに、アンケートに亀さんは以下のような〝夢〟を書いたので、相手もインタビューする気になったのかもしれないなぁ…(笑)
あと数年で大学生と高校生の息子たちが巣立つので、フーテンの寅さんよろしく、トランクならぬノートパソコンを片手に、再び世界を旅しながら仕事を続けられること(十代のころ、3年間ほど世界放浪生活を送った)。以下の拙記事を参照。  
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-8.html       

それから、亀さんは別ブログで翻訳関連の記事を数本書いている。関心のある人たちは読んで欲しい。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/cat3631693/index.html

また、翻訳関連の話もツイートしている。これも関心があれば一読してもらえれば幸いだ。
http://twilog.org/fibonacci2010/search?word=%E3%80%90%E7%BF%BB%E8%A8%B3&ao=a

ところで、亀さんは日々ブログの更新に努めているんだが、その最大の理由は亀さん家に流れる「反骨精神」という名のDNAによるものだ。だから、亀さん同様に反骨精神が旺盛な、豆乳ヨーグルトの伝道師・飯山一郎さんや、ブログ[つむじ風]の飄平さんらとブログ友になっているわけ。その飄平さんが最近小生の拙記事を紹介してくれた。感謝感激雨嵐~♪
あの【飯山一郎】先生が甲府で吼えた!!

と思っていたら、飯山さんも亀さんのことを書いていた…。まぁ、あれは『月刊日本』の山浦(嘉久)さんに頼まれて、亀さんが飯山さんの尻を叩いたというのが本当のところなんだけどネ…(爆)。
◆2013/03/21(木) ウナギがくれた知恵 (3)

なお、本ブログ以外の場所では、亀さんは「サムライ」で通している。亀さんとサムライというのは結びつかないし、なんとも可笑しな組み合わせなんだが仕方がない。

忘れるところだったが、ブログを書いている理由があと二つある。亀さんの息子(亀さんと同い年の息子のことではない)や同年代の若者への、〝遺言〟のつもりで書いているというのが一つだ。もう一つは、日々ブログを更新していくことで、己れの日本語力を維持・向上させていくところにあるんだ…。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

亀さん 様
 いつもながら
 濃い味わいのある内容を
拝見していくと、歳くいの当方がいかに薄い頭の
外観と中身であるかを分るところであります。
 
 日々拝見することによって
 仕事柄と遠まわしに逃げる安易さを
改める切欠にさせていただきます。 
  
[2013/03/23 12:41] URL | 奥むさしの山人(やまびと) #- [ 編集 ]

後光が射す…
山人さん、東光…、じゃなくて投稿ありがとうございました。

昨日、酒を買いに阿須のカインズホームへ行きましたが、桜の花が咲きつつあり、うっすらとかかった桃色に春を感じました。

昨日は、先月の「大霧山-定峰峠をゆく1」の写真がありましたが、青い山脈と空、そして雪道のコントラストが見事です。一歩足を踏み入れると、まだまだ素晴らしい自然が残る飯能を誇りに思います。
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

> 当方がいかに薄い頭の

なんのなんの…、後頭部の薄さでは負けていませんぜ、口の悪い友人や弟らは「後光が射している」などと言いやがる。今東光和尚ではないが、「未練がましいから、全部剃っちゃえ」、などと考える今日この頃です。
[2013/03/24 05:07] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/97-fe3933c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)