プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
安田祥子・由紀さおり姉妹
本題に入る前に、昨日アップした拙稿「飯山一郎の“新日本建国神話”第2話」、飯山一郎さんに「飯山一郎のLittleHP」で紹介していただいた。ここに改めて感謝申し上げる次第である。
◆2015/12/02(水) 『スターピープル 57号』 が、ヴァカ売れ!

ただ、一点だけ事実と異なる行があった…。

世界的な翻訳家です。ビジネス関係の翻訳では日本一!


これでは豚はモチノロン、亀だって木に登ってしまう…(爆)。

まぁ、翻訳という仕事なんだが、昨年叔父の通夜に出席したとき、翻訳ってどんな仕事かと質問してきた従兄弟がいたので、亀さんは以下のように回答している。

翻訳の仕事というのはね(テーブルに置いてあった箸を手に持って)、このように横(英語)になっている箸を、単に縦(日本語)にするだけの仕事だよ。


その従兄弟、分かったのか分からなかったのか、よく分からないような顔をしていた(笑)。

さて、本題の安田祥子・由紀さおり姉妹に入ろう。BS-TBSで最初に「世界の歌姫 由紀さおり」、次に「安田祥子 歌人生スペシャル」、これら2本を録画しておいたのだが、昨日ようやく観ることができた。

15120303.jpg
安田祥子(12歳)

15120304.jpg
安田祥子(12歳)・由紀さおり(5歳)

今回初めて知ったのだが、姉の安田祥子は1941年生まれとある。落合莞爾さんや斎藤充功さんと同い年だ。だから、亀さんの生まれた昭和28年の安田祥子は、12歳の少女だったということになる。

同番組で印象に残ったシーンの一つが、その頃の安田祥子が「赤い靴」を歌っている様子を撮った写真だ。残念ながら当時のビデオは残っていないので、大人になった姉妹の歌声を以下に紹介しよう。無論、25年間にわたって姉妹が歌い続けてきた素晴らしい童謡は、「赤い靴」以外にも無数にある。



亀さんが姉妹の童謡に耳を傾けるのは、何も昔を懐かしんでのことではない。福島原発事故によって、東日本が人の住める土地ではなくなり、生き残った一握りの人たちが、日本列島をあとにしなければならない日が迫っているからであり、ワンシーンでも多く、在りし日の祖国日本を目に焼き付けておきたいからだ。そうした気持ちで、以下の「ふるさと」などに映し出される光景に時折見入っているのである。



一年前に発売され、未だにベストセラーの『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治 集英社インターナショナル)、同書のp.75の行に注目していただきたい。

国家の三要素とは、国民・領土(領域)・主権だといわれます。国境がないとうことは、つまり領域がないということです。首都圏の上空全域が他国に支配されているのですから、もちろん主権もない。日本は独立国家ではないということになります。
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』p.75


15051505.jpg

つまり、敗戦直後に始まったアメリカの占領政策が、今日に至ってもなお形を変えて続いているという事実を、同書は述べているのだ。我々は領土も主権も失っていたのであり、残った国民も内部被曝のため、数千万人のイノチが露と消えようとしている…。生き残った同胞は日本列島をあとにして、異国の地で「ふるさと」などに耳を傾けつつ涙するのだ。

15120305.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

由紀さおりさんと安田祥子さんの歌は、小さい頃に78回転のレコードで聴いたり、
父のピアノに合わせてよく歌いました。
「雨ふりお月さん」が父のお気に入りでした。
久しぶりにお声を耳にしました。
ハリのある良いお声です。

ふるさとの映像は昭和45年くらいですか?
黄色い帽子と耕運機は、30年代ないですよね。

ついこないだまで日本の面影はあったんですねぇ。
返す返すも、もったいないです。
[2015/12/03 22:20] URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/12/04 03:18] | # [ 編集 ]

ここにも安田祥子・由紀さおり姉妹のファンが…
ご無沙汰しております。そうですか、姉妹のファンですが…、ここにもファンがいるのを知り、嬉しいですね。

> ふるさとの映像は昭和45年くらいですか?
昭和28年の写真も一緒にアップしたので、紛らわしいかったようで申し訳ない。

で、映像にクロネコヤマトの黄色とネコの旗がありましたよね、だから、「ふるさと」の映像はもっと後の話になります。少なくとも昭和51年(1976年)1月20日以降であるのは間違いありません。クロネコヤマトの社史にも、以下のように書いてあります。

*****************
関東一円において、小口貨物の特急宅配システム『宅急便』を開始する。(初日、20日の発送個数は11個。同年5月から遂次全国主要都市に拡大実施)
*****************

まぁ、少なくとも昭和四十年代の日本に、クロネコヤマトの旗があった記憶はありません…^^; それはともかく、懐かしい風景の数々を今のうちに目に焼き付けておきませう。

亀さん拝
[2015/12/04 03:48] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/938-fe81cced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)