プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
民のかまどより公を想ふ
道友の抱き茗荷さんの「民のかまどより公を想ふ」シリーズが完了した。各回のリンクは以下のとおりである。

民のかまどより公を想ふ
民のかまどより公を想ふ その2
民のかまどより公を想ふ その3
民のかまどより公を想ふ その4
民のかまどより公を想ふ その5
民のかまどより公を想ふ その6
民のかまどより公を想ふ その7


民のかまどより公を想ふ その7」で、抱き茗荷さんが述べていた以下の結語、亀さんも全く以て同感だ(太字は亀さん)。

国体を護持すべく、皇室は今盛んに行動している。

ただ皇室は強要しないし支配もしない。選択肢は全て民の側にある。天皇陛下という存在をどう見るかがその人そのものだ。頂点に君臨する存在ではなく、魂の中にあるといってよい。だから本籍であると前項で述べさせていただいたわけである。


過日、11月度のまほろば会に過日出席した折、話題になったのが皇太子殿下の国際舞台への初登場だったが、そのあたりは飯山一郎さんも言及されている。
◆2015/11/20(金)4  天皇家の跡取り息子が華々しく国際デビュー

今回の皇太子殿下の国際舞台へのデビューは、何を意味しているのか…、世界戦略情報誌『みち』の藤原源太郎さんや、飯山一郎さんらの今後の言論に注目していこう。

ところで、抱き茗荷さんの「民のかまどより公を想ふ」を読んで思い出したことがある。それは、和歌山市にある狸庵で栗原茂さんと渡辺正次郎氏について語り合った時のことだ。栗原さんの場合、参議院選挙で今東光和尚の選挙参謀を務めたことがあり、見事に和尚を当選させている(在任期間1968年7月7日~1974年7月7日)。だから、同じ選挙参謀の渡辺正次郎氏を知っているものとばかり思っていたところ、意外にも知らないと言う。多分、お二人の選挙参謀としての時期が、まったく重なっていないところが大きいのだろう。

それは兎も角、渡邉氏が熊本でぶちあげたという以下の選挙応援演説について、栗原さんはどう思うのか尋ねてみた。

「私は嵯峨天皇の皇子、融(とおる)、嵯峨源氏、源(みなもと)の融の四代目の孫の源の綱(つな)、のちの渡邊の綱で、大江山の鬼退治をした綱の子孫です。今日は、私は熊本の松岡利勝という鬼退治にきました!」

これで息を呑む静寂から一転、「オウ!」という声があちこちから上がり、拍手拍手となった。

気が付くとテレビカメラが幾つかあったが、カメラマンと記者らしき連中も唖然としている。こんな選挙応援演説など聴いたこともない。

「これから渡邊の綱の子孫の私は、全選挙区を演説して回ります。皆さんと一緒に、永田町のゴロツキ、熊本のダニ、松岡利勝という鬼を退治するんです!」

『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』p.227


渡邉氏の選挙演説の内容を伝えながら、「(渡邉正次郎氏のように)高貴な血筋の方は、小生なんかと違いますねぇ…」と言うと、栗原さんは以下のように語ったのだった。

亀ちゃん、お前にも皇室の血が流れているんだよ。いや、日本人なら何処かで皇室の血が流れているのだ。しかし、だからと言って、それが偉いということでも何でもない。


ここで、『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』にあった、以下の記述が浮かび上がった。無論、彼らには皇室の血は流れていない。

確かにわが国の日本海側には、韓国の漁民が嵐などで流れ着き、そのまま住み着いた人も多いという。

島根、鳥取、山口には半島系の顔か多く見られるのは確かだし、竹下登が自分の娘を金丸信(自民党副総裁・半島の帰化人)の息子に嫁がせたことも頷ける。

、『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』p.264


15112302.jpg 15112303.jpg
◆2011/10/26(水) 韓国人に見せた写真
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/11/23 17:52] | # [ 編集 ]


亀さん、ブログの紹介有難うございました。

飯山一郎さんにも文殊菩薩でUPしていただき、たった一日でいままでの半年分のご来場があり、お二方の影響力はやはり物凄いものがあると改めて感じた次第です。
新嘗祭の日にこういう事があったという事に何らかの計らいを感じずにはいられません。
[2015/11/24 22:25] URL | 抱き茗荷 #1nTGYt8c [ 編集 ]

投稿多謝
抱き茗荷さん、投稿有難うございました。

あのぉ~、小生の影響力なんか殆どゼロ、半年分のアクセスは飯山さんが抱き茗荷さんのブログを大胆に紹介したからでしょうね。

ともあれ、今後も多角的な記事、楽しみにしています。

亀さん@仕事の締切日を勘違いし、青息吐息…(T_T)
[2015/11/25 04:19] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/928-7fc2e2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)