プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
嗚呼、北の湖逝く
「花のニッパチ組」という言葉をご存じだろうか…。昭和50年代(1975年から1984年)に角界で活躍した、昭和28年(1953年)生まれの力士のことだ。

北の湖敏満(第55代横綱)
若乃花幹士 (2代)(第56代横綱、元年寄・間垣)
麒麟児和春(最高位関脇、現在の年寄・北陣)
金城興福(最高位関脇)
大錦一徹(最高位小結、現在の年寄・山科)


亀さんも昭和28年組の1人というだけではなく、実は麒麟児の父と亀さんの父は互いを知る仲だった。二人とも国鉄(当時)の駅長を務め、地区の駅長の会で幾度か酒を酌み交わしたと、父から聞いている。当時の写真も残っており、流石に力士を息子に持つ父親だけに、身体が一回り大きい。実際にお会いしたことはないが、写真から受ける印象は一角の人物だと想像がつく。

ところで、昨日近くに住む同窓生から電話があった。3年ぶりに同窓会があって出席したそうだが、ナントこの3年間に2人(男1人・女1人)が亡くなり、非常に驚いたという報告だった。昨日の拙稿「うちは生きているのが申し訳けないの」で、亀さんの同窓生がガンで逝去した情報に接したばかりだというのに、続けて北の湖、さらには友人のクラスメート2名の悲報を知り、一日憂鬱だった亀さんである。

このような場合に大切なことは、飯山一郎さんが自身で管理している掲示板「放知技」の投稿No.134で述べておられたように、「呑気にいこう! 愉快で楽しいことだけをしよう!」 という心構えだと思う。

北の湖については飯山さんが昨日記事にしており、なかなか読み応えがあるので一読してみよう。
◆2015/11/21(土)  アジアは み~んな モンゴリアン

15112102.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/926-beeba13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)