プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
覇権移行と新しい生き方
先月のまほろば会を欠席したのにも拘わらず、有り難いことに安西正鷹さんがレジメを送ってくれた。よって、本日は送信してくれた最新の安西ファイルについて書きたいと思う。例によって、毎月の安西ファイルは「お金編」と「大麻編」の二つに分けられるのだが、今回取り上げるのは「お金編」で、主な項目は以下のとおりであった。

(1)暦と占星術で歴史を創り出すユダヤ民族
(2)本格化する預言実現への動き
(3)ユダヤ第三神殿再建を巡る水面下の熾烈な攻防
(4)光エネルギーがもたらす地球と人類の変容
(5)あなたはいま、自分の未来を形作っている


安西さんは先々月、藤原源太郎さんから「次回はイスラエルのことを書け」と強く言われたこともあり(笑)、先月の「お金編」はユダヤ暦の視点から見たイスラエルの話が中心であった。以下、例によって独断と偏見で亀さんが個人的に注目した、二つの項目を取り上げておこう。

・覇権主義vs.多極主義
・里山資本主義


最初の覇権主義vs.多極主義だが、今回の安西ファイルでは単独覇権を「英国とイスラエルが米国の戦略を動かしてきた世界体制」と定義した田中宇を引き合いに出し、それに対抗するもう一方の勢力である多極主義を簡単に紹介、その上で今回は覇権主義の一角を成すイスラエルをユダヤ暦という観点で詳述してくれたお陰で、イスラエルとユダヤ暦との関係が良く分かったのは有り難かった。

ここで、多極主義の情報を追う上で役立つのは「飯山一郎のLittleHP」だろう。特に、国際情勢の潮流を正確に把握する上で以下の最新記事は必読だ。
◆2015/10/30(金)  米国から中国へ急速に世界覇権が移動!

ここは是非、安西さんの多極主義サイドの話を聞きたいところだ(特に、安西さんのプーチン観と習近平観)。

同時に、飯山さんが「◆2015/10/19(月)  薩摩・鹿児島の諸君:安心したまえ!」で主張している「薩摩ワンワールド」の〝英国〟と、天童竺丸さんが『悪の遺産ヴェネツィア』で主張している〝英国〟とを絡めた話も、安西さんから聞きたいと思う。

次に、「(4)光エネルギーがもたらす地球と人類の変容」の小項目で目に付いたのが以下であった。

●宗教の終焉
●鬼怒川決壊と物質主義の終焉
●貨幣主義の終焉
●マスメディアの終焉
●法治主義の終焉


こうした一連の〝終焉〟についての安西さんの記事を読み、脳裏に浮かんできたのが里山資本主義であった。拙稿「資本主義の終焉04」でも取り上げたので、里山資本主義についてはそちらを参照してもらうとして、今回は里山資本主義に関連する記事を2本紹介するに留めておこう。
「日本一の過疎」に韓国人が殺到!〜「田舎の小さなパン屋」が熱狂的に支持されるワケ

15110302.jpg

“孫ターン”移住

15110301.jpg

世界覇権交代の潮流を正確に追いつつ、最早東日本は人間の住める土地ではないといった、福島原発事故の正確な情報収集に努め、その上で各々の新しい生き方を目指していきたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/11/05 13:04] | # [ 編集 ]

無事の帰国、何よりです…
S先輩…、え、帰国が11/3?、ということは2日前ですか…。

> 子供たちが大きくなったことに灌漑深いと言ってました。

ちょっ、ちょっと待っください。Fと再会した時は、未だ下の子は生まれていませんぜ…(爆)

ともあれ、また池袋で土産話を聞かせてください。楽しみに待っています。小生、ボチボチ仕事が片づきましたので、何時でも都合の良い日時を電話でお知らせください。待っていますぅ~。

早く、早くぅ~(笑)。

亀さん
[2015/11/05 13:23] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


亀先輩、ええですな。

https://www.youtube.com/watch?v=JHpnjqqqTjM

乾杯!
[2015/11/05 22:20] URL | 成田 #- [ 編集 ]

植木等…、いいねぇ…
植木等の歌有難う! 特に、寄せられていた以下のコメントは気に入りました。

************
物凄く、いい歌。
青島幸夫は天才。特にスーダラ節の詩のは唯一無二。青島幸夫の傑作。
そして曲とおアフォーマンスが植木等が最高!
一部の女性には受けないかもしれないけれども、これが男の性。
人間、早かれ遅かれ死ぬんだから、このくらい気軽に生きるのも悪いない。
~解っちゃいるけど、やめられねぇ、あ、それ!~
************
[2015/11/06 03:24] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/906-1c168777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)