プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
敗戦の総括と日本語脳
先月のまほろば会において発表された安西ファイル(お金編)、その概要をアップするのが大分遅れてしまったが、主テーマは以下のとおりであった。

(1)金融恐慌の予兆を示す数々のシグナル
(2)金融恐慌を予言する者たち
(3)株価暴落を巡る熾烈な攻防と金融大戦
(4)負のカルマの精算の秋迫る米国
(5)静かなる反乱の狼煙
(6)経済危機打開の秘策「ベーシックインカム」
(7)安倍首相の野望
(8)敗戦の総括と日本語脳の活用なくして日本の再生はない


以上の主テーマに沿って、多岐にわたる安西正鷹さんの講話があったわけだが、過日拙ブログでも書いたように、講話の後に藤原源太郎さんから、次回はイスラエルも絡んだ講話にして欲しいというリクエストが飛び出している。亀さんも掲示板「放知技」に投稿したように、どのように世界情勢とイスラエルを絡めて安西さんが話をするのかと、藤原さん同様に今週土曜日に開催されるまほろば会を楽しみにしていたのだが、ここに来て急用が入り、残念ながら出席できなくなった。

ともあれ、先月の安西さんの講話で特に印象に残った、「(8)敗戦の総括と日本語脳の活用なくして日本の再生はない」について、安西さんの総括(ポイント)を以下に転載しておこう。

【ポイント】
・大東亜戦争は長州人脈で形成された支配層が始め、敗色濃厚になると責任をとらずに天皇に責任を押し付けた。この無責任なシステムを作った原点が明治維新だった。
・主犯の長州人脈はまだしも、国民も明治維新以降の歴史の検証と失敗の原因の解明、それらに基づく総括を回避し続けてきた。その責任を誰も追及せず、英霊に感謝するという美辞麗句とすり替えでごまかし続けてきたのが、戦後日本人である。
・地球のアセンションがこれ以上先延ばしできなくなりつつある中、虚飾と欺哺に満ちた戦後日本人はもはや逃げ場がなく、袋小路に追い詰められようとしている。
・一方で、今年2015年で精神的なエネルギーの場で米国の戦後秩序を守護してきた結界が完全に切れた。これに伴い日本人の意識にも変化が生じ、日本は呪縛から解放されていく。
・進退窮まったかに見える瀬戸際こそ、起死回生のスイッチが入りやすい千載一遇のチャンスである。その扉を開く鍵は日本語とそれが形作る右脳優位ながらもバランスのとれた日本語脳にある。
・こうした真実に目覚めるためには、この時代のためにあえて機能が封印されてきた遺伝子に自分自身でスイッチを入れなければならない。一見、無意味で無駄、害悪とさえ思われる、明治維新以降に積み重ねてきた数々の失敗、悪魔的な米国(ユダヤ)による支配、そして長州人脈の復権をかけた危険な安倍政権の登場は、すべてが神々の計画通り出現したアイテムである。これらをどのように解釈するか、感じるかで、これから歩む道が人それぞれに異なっていくだろう。
・目覚めには刺激が必要だ。日本人はあまりにも長い間惰眠を貧っていたので、相当な苦痛をもたらすかなり刺激的でアイテムがあてがわれたということだろう。神の思寵に感謝し、これらの試練を乗り越えた後に降り注ぐ、まばゆい光あふれる愛の世界の到来を楽しく夢想しているうちに、克服不能と思われた艱難辛苦も拍子抜けするほど小難で終わっているかもしれない。


過日の拙稿「国家の正体」でも、安西さんの謂うところの「敗戦の総括」に絡めた内容にしているが、安西さんの場合は昭和天皇の戦争責任についてどう思っているのか、是非意見を聞いてみたかったし、また、安西さんは上記ポイントに「悪魔的な米国(ユダヤ)による支配」と書いているが、その悪魔的なユダヤの正体がアシュケナージ派ユダヤ人=ハザール人、すなわち我々と同じツラン民族に属する〝兄弟〟であるという点、このあたりの安西さんの思い、さらには日本ツラン連盟の天童竺丸さんの思いも聞いてみたかった。来月のまほろば会は大丈夫だと思うので、忘れなかったら聞き出してきたいと思っている。

15101401.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

亀先生、こんにちは

書籍広告に以下の広告がありました。

慶應大学の創始者 福澤諭吉は「明治の偉人」として扱われ、一万円札の顔として知らない者はいないが、その代表著書「学問のすすめ」に完コピ疑惑が発生。

『学問のすすめ』の「天は人の上に人を造らず」は「日之本文書の」完コピ・丸写しだった!

第三書館 一万円札が泣いている 福沢諭吉の本性
10月25日刊行 久慈 力著

日之本文書概要には、

現在に伝えられた『日之本文書』は数千巻にのぼり、

それは実にシュメール都市国家からはじまった共同体国家の歴史書であった。

それは諸民族の語り部が語り継いできた伝承の集積でもあった。ここにこそ人類の真の歴史が叙述されていることが認識できる。

ここにこそ人類の良心が凝縮していることが認識できる。

この平和と和睦と盟約と平等と連携の世界、すなわちクリルタイの世界に生きてきた人々の歴史こそが、人類に共有されなければならない。

先生、日之本文書というのは、どういった書物なのでしょうか。


[2015/10/14 14:23] URL | 成田 #- [ 編集 ]

どうも、どうも…
もしかして、掲示板「放知技」の常連である成田山…、じゃなかった成田さん?

そうであれば、拙ブログへの初投稿、本当にありがとうございます。

最初に、先生は止めてくださいな….藤原肇先生、藤原源太郎先生、飯山一郎先生ならワカリまずか、小生は全くの書生ッポでして、先生と呼んでいただけるようなシロモン(代物)ではありません。

さて、久慈力という御方、以前から御尊名は存じていました。小生が敬愛する栗本慎一郎さんと関連しそうな、『蘇我氏はシルクロードから渡来した―飛鳥文化のルーツはメソポタミアにあった』といった、本を出しているお方だとは知っていましたが、小生の不勉強というか、未だ久慈さんの御著は何も読んだことがなく、栗本さんの仕事と何処まで関わっているのか、あるいは久慈力氏が書いている本の内容は久慈氏自身の新説なのかどうかまでは分かりません。が、少なくとも、『「小泉改革」に異議あり―そのネライとホンネ大研究』とか、『政界の仕掛人・亀井静香放言録』あたりなら、亀井静香さんや稲村公望さんあたりに聞けば、久慈氏の書いていることが何処まで正鵠を射た内容なのかどうか、立ち所に分かります。

なお、小生も福沢諭吉に関しては、小生も“?”と思っていました。つまり、あまり福沢諭吉のことを評価していません。

『日之本文書』ねぇ…、そんな古書が本当にあったのかどうかは、実際に同書を紐としてみないことには分かりませんが、古事記以前の古書として各地の風土記は実存していましたし、こちらを取り上げる方が本当のような気がしますが…。成田さんは各地の風土記について、どう思われたのでしょうか…。

ともあれ、『聖徳太子と斑鳩京の謎―ミトラ教とシリウス信仰の都』というのは、栗本さんの『シリウスの都 飛鳥―日本古代王権の経済人類学的研究』を下敷きにした本のような気がします(久慈氏の本は栗本さんの本の2年後に発行…)。少なくとも、今のところ久慈氏の本は読む時間がなく、何ともコメントできません。申し訳ない。

亀さん拝
[2015/10/14 15:27] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


>日本語とそれが形作る右脳優位ながらもバランスのとれた日本語脳

外国人でも日本で幼児期を育つと、日本語脳になる、という話をどこかで読んだことがあります。
反対に、日本人であっても、外国で育って、日本語環境が希薄だった場合は日本語脳にはならないとか。。。
日本人は、右脳と左脳、両方を使って、言語を操るのが特徴なんです。
文字的にも表意文字と表音文字を使っているし、文法的には膠着言語で、動詞(結論)が最後にくるため、最後まで内容を聞いたり読んだりしないと、どんでんがえしが起こっちゃうんですよね。
だから、聞きながら、読みながら、直線的ではなく、螺旋的に右脳左脳を行ったり来たりしながら、理解するのかもしれません。

大学のゼミで認知言語学をやったのですが、当時、まだ右脳と左脳の認知についての研究が本格的に始まった頃で、欧米ではすでにいろいろ実験が行われていて、論文がたくさん出ていて、読みました。
日本語については、まだ始まったばかりで、右目と左目の認知の差について、仮説を立てて、実験しようとしたのですが、実験装置が作れず、頓挫してしまったという残念な思い出があります。
文系でありながら、理系の領域に踏み込む分野だったので、理系との連携が必要だったのに、そのことに思い至らなかったのが原因です。
あの時、高校の同級生で理系に行った友人と共同研究していたら・・・今頃、認知言語学者になっていたかも(笑)
研究者の道を選ばず、就職してしまったため、永久お蔵入りという感じですが、最近は脳科学もとても発達してきているので、今なら、簡単に実験できたりするんだろうな・・・と思うと、私がやろうとしたことは早すぎたのかもしれません。
[2015/10/14 21:58] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

言語脳
ひろみさん、認知言語学と云えば、真っ先に思い出すのが角田忠信氏です。小生の英語の先生の一人だった松本道弘が角田氏と対談し、アルクだったか何処だったか忘れましたが、雑誌に掲載されたことがあります。もう、30年以上も前の話ですが、爾来、角田説は心の隅に引っ掛かっていました。しかし、「日本人だけが小鳥や秋の虫の音を言語脳で聞き分ける」という角田氏の主張、未だにピンと来ません。〝日本人だけ〟という民族学的なものとすれば、日本人のルーツと云われているブリヤード人も、日本人同様に虫の音を聞き分けているはずですが、果たしてどうか…。研究者に一度確認して欲しいテーマですね。
http://blog.goo.ne.jp/sinanodaimon/e/87dea24376840fecf87dc2b4f17fbafa

ともあれ、角田説が一人歩きしている感があり、それを最近の日本人礼賛説や本に便乗(悪乗り)させている気がします。
[2015/10/15 00:48] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

たしかに・・・
角田氏の説は、魅力的なのですが・・・。
世界中のすべての言語、民族について、きちんと県境がなされたわけではないので、日本人だけではないと思っています。

例えば、スペインのバスク人も、自然との共生感覚があり、日本人の感性に近いものがあります。
この数年、バスク出身の人たちと親しくしているので、一緒にいて、心地よいのです。
現代スペイン人も、他民族の混血なので、一言ではスペイン人を語れないのを実感しています。
言語的にも、バスク語は、印欧語族ではなく、日本語とも近いかもしれない、という説もあります。
たぶん、ツランと関係あるのかも・・・っ感じますし、ブリヤート人を含むウラル・アルタイ語族や、環太平洋の少数民族の言語を母語とする民族は、日本人と同じように、自然音を言語脳で聞き分けるのではないかと、思っていますが、先に書きましたように、全ての言語、民族での検証がなされていないので、本当のところは、謎というか、まだまだ仮説状態なのではないかと思います。

DNA解析による民族のルーツなどの説もいろいろありますが、何世代にもわたって、混血が進んでいるため、実際のところは、特徴が強くでるか、でないか、または、はっきりしないという人も多いのではないかと思います。

[2015/10/15 04:11] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

そうだった、バスク人も…
ひろみさんが仰せの「スペインのバスク人も、自然との共生感覚があり、日本人の感性に近いものがあります」に同意です。小生はテレビでしか見ていないので分からないのですが、少なくとも司馬遼太郎の「街道をゆく」のバスク編を見て、未だにルーツが不明のバスク人、他のスペイン人と違うなぁと感じました。一度是非、友人のバスク人に虫の音を話題にしてみてください(笑)。

> 全ての言語、民族での検証がなされていないので、本当のところは、謎というか、まだまだ仮説状態なのではないかと思います。

本当ですね。角田理論については今後もペンディングにしておくことにします。
[2015/10/15 04:42] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


亀先生あらため亀先輩でお許しを
毎回博識なお話を亀先輩、飯山先生のブログより見聞させていただいております。
また返信までしていただき感激しております。

下世話な話で申し訳ありません。私が久慈氏の著書 一万円札が泣いている。福沢諭吉の本性というタイトル、広告を見て
そうやな昔の一万円札は、聖徳太子さんの肖像でなんとなく値打ちがあったな。福沢諭吉さんの肖像は商家の旦那のようで諭吉さんになってからは、商売が前面に出るビジネスという感じで気持ちが入らん紙幣になったと思い浮かべ、人物の性分というのは得てして大事ではと、この著書の方もそういう感じを持たれたのではないかと思い、人物の性分や事の本質・こころを大事にされている亀先輩にお聞きしようと投稿致した次第です。

ともあれ、『聖徳太子と斑鳩京の謎―ミトラ教とシリウス信仰の都』というのは、栗本さんの『シリウスの都 飛鳥―日本古代王権の経済人類学的研究』を下敷きにした本ではないかというアドバイスをいただき、まずはこの2冊を読んでみようと思います。

日之本文書の概要に、シュメール都市国家からはじまった共同体国家という記述がありましたが、30数年前のく高校の世界史の授業で、シュメール都市国家ができる前までは、食料は自給自足であったが、このあたりから自ら食べ物を作らなくても生きていける人々、神官・戦士・職人・商人が増えてきたとあったように思い、経世済民の分岐なような気がしています。

脱線ついでにですが、私の成田は、映画俳優、成田三樹夫さんのファンで、ペンネームでお借りしております。亀先輩の寅さんのお話毎回楽しみにしております。

稀代の悪役俳優 成田三樹夫の反骨の系譜|佐高 信の「一人一話」|ダイヤモンド・オンライン

http://diamond.jp/articles/-/57541?display=b

取り留めのない内容になりましたが、感謝申し上げます。
ありがとうございます。










[2015/10/15 13:42] URL | 成田 #- [ 編集 ]

敗戦の総括と日本語脳
コメントの返信として
先生は止めてくださいな に続く文章で 藤原肇先生・・・ならワカリますがと、藤原氏を筆頭にあげていらっしゃいますが、亀さんにとって人生最高の師ということでしょうか。多分 学術的にでしょうけれど。
個人的質問ですが 興味深く思いましたので お尋ねしてします。
[2015/10/15 15:39] URL | ラ メイジュ #- [ 編集 ]

まとめレスで失礼いたします…
成田さん、再びの投稿ありがとうございました。一万円札と聖徳太子と福沢諭吉…、そういえば、旧稿で福沢諭吉を取り上げたことがあり、勝海舟を批判した福沢諭吉について少しだけ書いたことがあります。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2007/02/post_69f3.html

> 諭吉さんになってからは、商売が前面に出るビジネスという感じで気持ちが入らん紙幣になったと思い浮かべ

そういう意味でしたか…。なら、納得です。一万円札が聖徳太子から福沢諭吉に変わった経緯…、当時の日本社会の雰囲気をまるで昨日のように思い出しました。それがやがて暴対法、さらには過日の山口組の分裂へと繋がっていったと思います。ともあれ、福沢が勝海舟を批判した背景として、勝海舟の親父について述べた上記拙稿と、多少は重なる背景があるのですが、長くなるので割愛します。

それから、日之本文書ですが、実は昨日発売された世界情報機関誌『みち』に、黄不動さんという人生の先輩が以下のようなことを書いていました。テーマは「山口志道と近代言霊学の誕生」というもので、偽書も絡めた結語が印象的でしたので引用しておきましょう。本スレッドの主題「敗戦の総括と日本語脳」にある日本語脳、そして本スレッドで卓見を述べたひろみさんの話とも関連してきます。

****************************
▼あいうえお五音は純正母音であり、あいうえおの順に発声しない限り複合母音が生まれる。宇宙の彼方に宇宙人が存在したとしても純正母音の発声順はこの通りになる。宇宙空間を通して絶対的な純正母音であるあいうえおは、何時誕生したのか。五十音図登場は江戸時代後期で五十音構築は最大に遡っても平安後期の悉曇(しつたん)学と解説する学界には、言霊学や清音四八音の意義は逆立ちしても理解出来まい。純正母音を正順に発声する言語が日本語だけである事からも、記紀だけに頼らず真摯に異端史書と向き合う必要があるが、『竹内文献』を含め何れの史書も瑕疵が目立ち、如何に裏読みし補綴したところで霊能者の御託宣の域を脱出出来ない。言霊学の主張に誤謬が無いなら日本語は国際言語と成り得る。言霊学を深化発展させる為には偽作偽造とされる神代文字の研究も重要だが、先ずは神代の物語を如何に合理的に説明出来得るかである。山口志道『水穂傳』はそのための最高の手引書と思われる。 
****************************

成田さん、今後ともよろしくお願いいたします。


ラ・メイジュさん、"はじめまして"。

> 多分 学術的にでしょうけれど。

そうです。世間一般的に使われている「先生」程度の意味であり、それ以上でも以下でもありません。藤原肇先生を最初に挙げたのは、人生最高の師として捉えているからではなく、単に三人の中で一番年寄りだからというだけの理由です。
[2015/10/16 03:06] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/888-f8c85671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)