プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
私は安心して死んでいけます
山田洋次監督の「東京家族」を見た。橋爪功演じる平山周吉が、末っ子の昌次(妻夫木聡)の恋人である間宮紀子(蒼井優)に、以下のように語るシーンが強く印象に残った。

この先厳しい時代が待っているじゃろうが、あんたが、あの子の嫁になってくれれば、私は安心して死んでいけます。紀子さん、どうか、どうか、あの子をよろしくお願いします。


15091303.jpg

15091304.jpg

15091305.jpg

現在、われわれを取り巻く環境は厳しい時代どころか、老若男女を問わず誰もが5年前後の短命で終わる可能性が高まっている。それだけに、周吉の言葉はグサッとくる台詞であった。再来週にも帰省する大学生の息子にメール送ったが、読者にも参考になると思ったので、一部訂正の上、以下に公開する。

来年の生き方を決めよ

■2016年の世界と日本
来年(2016年)の世界そして日本の予想を以下に書くが、これが必ずしも100%的中するというわけではない。かと言って、100%外れるというわけでもない。強いて言えば、高い確率で的中するはずであり、少なくとも、フクイチ(福島原発)が制御不能になったことは明白(事実=100%)で、2011年3月以降、毎日放射性物質が日本列島に大量に撒き散らされ、それを日本人全員が4年半もの間にわたり吸い続けてきたことは間違いない。さらに、今年(2015年)の4月あたりから中性子線の核種を含む死の水蒸気が、大量に日本列島とロシア・中国を含む近隣諸国に、撒き散らされてきたことも明白(事実=100%)である。

来年(2016年)4月あたりは亡国の兆しが誰の目にも明らかになってくるだろうが、政府は意地でも小中高大の入学式や卒業式、学校を卒業した人たちの入社式を強行するはずだ。だが、ほどなくしてノーテンキな人たちすら異変に気づくほどの事態に突入、数千万人単位の日本人がバタバタと死んでいき、ほとんどの日本人が原爆ぶらぶら病に罹っていくだろう。それに気づいた頃は、最早日本を〝自由に〟出国できなくなっている。都市機能は麻痺し、飛行機も船も最早運航していない。それが起こり得るのは来年の6月以降になるだろうと予想しており、大都市のライフライン(電気・ガス・水道)も完全に止まり、日本は完全な原始生活に戻るだろう。それまでにサバイバル術を身に付けておかないと、生き残れなくなる可能性が高い。意味するところは、君が卒業するはずの2017年(再来年)春、卒業式が挙行されることは多分ないということ。やがて間髪入れずに外国が進駐してくるが、フクイチの鎮圧が最優先なので、技術的にそれができるロシアが中心となる。そして、フクイチ鎮圧の為、東北・関東圏の住民は強制的に立ち退きを迫られるだろう。従わないと違法となるのだ。寝たきりの老人の場合、暖かい九州などに急遽移送、それ以外の生き残った日本人2000~3000万人は、ブリヤードやキルギスなどへ民族大移動となる。

噂だが、広島と長崎に原子爆弾を落として無差別大量殺人を犯したアメリカが、東北関東圏の住民のことなど構わずに、メルトスルーしている福島原発のデブリ(核燃料)を封止するため、大量の核爆弾を投下するシナリオも考えられるという。

さらに最悪のケースは、アメリカもロシアも中国も福島原発の鎮圧に失敗し、人類も含めた殆どの生物が死に絶えるというものだが、その場合は最早運命として諦める他はない。

繰り返すが、現時点で明白(事実=100%)になっていることは、さる6月12日、日本政府がフクイチを鎮圧ができないことを国際社会に向けて〝認めた〟こと、および東北関東圏を含む東日本は最早人の住む場所ではなくなったこと、以上の二点だ。ただし、政府やマスコミがフクイチに関して明白(事実=100%)になっていることを、最後の最後まで絶対に公表することはない。ここで改めて、政府というものは必ず嘘をつく組織であることを頭にたたき込んでおくことが肝心だ(堤未果著『政府は必ず嘘をつく』参照)。

15091306.jpg

■どのような選択肢があるか、そして具体的な対策は何か
選択肢は3つあるので、いずれを選ぶか決定すること。第一の選択肢は、飛行機や船舶が未だ運航している間に国外に脱出する。第二の選択肢は、ブリヤードやキルギス等への日本民族大移動に加わり、彼の地で新生日本の建国に貢献する。第三の選択肢は短命で終わるのを覚悟で、進駐軍の命令に逆らってでも日本に残る。以上の三点だ。

第一の選択肢をとった場合、自由に海外渡航が出来るまでが勝負だ。親戚や友人といった伝を頼りに、自分が当面生活したい国を決定し、急ぎ出国準備を進めること。また、並行して大きく変わってしまった己れの人生計画の見直しを行い、必要な情報を収集していくこと。その他、パスポート取得、バイト先への退職届、大学の退学または休学届の提出など、やらなければならないことが山とある。ともあれ、出国は一日でも早い方が良いということを念頭に置いておくこと。

第二の選択肢の場合、ライフライン(水道・電気・ガス)が止まってから、ロシアを中心とする国際組織が日本列島に進駐して、救いの手を差し伸べてくれるまでの期間は、一人あるいは家族で生きのびていかなければならない。今のうちにサバイバルに必要な備品を用意し、かつサバイバル技術を習得おくこと。その後、ブリヤードやキルギスなどで日本の再興を目指し、貢献することになる。

なお、父は君たちの祖母が生きている限り日本に残る。あまり書きたくないことだが、君たちの祖母が逝去したら、はじめて君たちの住んでいる国(ロシア、ブリヤード、キルギス、または中国)に向かうことにしたい。尤も、君たちの祖母よりも先に父が逝くかもしれないが…。

最後に、あらびき茶はマグカップで一日最低3杯は飲もう。できれば、玄米と豆乳で豆乳ヨーグルトを作り、一日お茶碗に軽く一杯ほど(100cc)食べ続けて欲しい。希望すれば『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』という本をアマゾン経由で送るので、その旨連絡すること。

以上
関連記事
スポンサーサイト

コメント

やはり残られるのですね。
私も、多分輸送に限界があるなら、若い者を優先したいです。

でも、ある日突然爆発が。。。。。
という事態もありえますよね。

ま、出たとこ勝負ですか。
能のない話で、すみません
[2015/09/13 19:53] URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

毎度!
いつも投稿をありがとうございます。そうですね、まさに出たとこ勝負、仮にフクイチをはじめ、他の原発が大惨事を迎え、人類どころか大方の生物が滅亡する事態に仮になったとしたら、その時はその時であり、潔く諦めたいと思います。

なんか、丁か半かと、毎日、賭場にいるような気分だなァ…。
[2015/09/14 03:33] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


初めてコメントさせていただきます。
今年に入ってから、こちらのブログを参考にさせていただいています。

私の娘はまだ小学生なので、なかなか腹をくくるのは難しいところですが(苦笑)、
娘を一人で残すことがないよう、出来る限り長生きしたいと思っています。

本当にスリリングな毎日だと思うのですが、周りはいつも通り平常運転なのが、
複雑な気持ちですね。
[2015/09/15 17:23] URL | 横浜のおばちゃん #A1vz8dvw [ 編集 ]

投稿ありがとうございます!
初めまして。小学生のお母さんなら、爺さんの飯山さんや亀さんから見たら娘みたいなもんです(笑)。ともあれ、最低でも中学を卒業する年になるまでは、親の庇護は必要ですね。子どもが自立するまで見守るというのは、人として最も大切な仕事だと思います。小生の二人の愚息も、高校を卒業するやいなや、それぞれ大学生あるいは社会人として、親元を巣立っていきました。嬉しさ半分寂しさ半分の複雑な心境でした。

今後ともよろしくお願いいたします。と
[2015/09/16 03:38] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

あなたの頭のなかが放射脳
もしも東京まで本当にそこまで汚染されていたら
今頃福島原発で働いている人はバタバタ死んでますよ。
あなたの頭のなかでおかしな想像をせずに、週刊モーニングで連載されているイチエフを読んで
でも今日も元気に福島原発で働いている人は大勢いるということを知ってください。

[2015/10/12 02:23] URL | 大将軍 #mQop/nM. [ 編集 ]

カラスの勝手でしょ~
大将軍殿、そう思うのであれば、どうぞご自由に(笑)。あなたはあなたの考え通りに、これからも食べて応援して生きていってください。


> 週刊モーニングで連載されているイチエフを読んで

お礼に、小生も以下の記事を紹介します(爆)

{福島の甲状腺がん発生率50倍…岡山大・津田教授が警告会見}
http://www.nikkan-gendai.com/articles/image/news/165762/25471



****************
福島の甲状腺がん発生率50倍…岡山大・津田教授が警告会見

2015年10月9日

 岡山大大学院の津田敏秀教授(生命環境学)が6日付の国際環境疫学会の医学専門誌「エピデミオロジー(疫学)」に発表した論文に衝撃が広がっている。福島県が福島原発事故当時に18歳以下だった県民を対象に実施している健康調査の結果を分析したところ、甲状腺がんの発生率がナント! 国内平均の「50~20倍」に達していた――という内容だ。

 8日、都内の外国特派員協会で会見した津田教授は「福島県では小児や青少年の甲状腺がんの過剰発生がすでに検出されている。多発は避けがたい」と強調した。

 福島県で原発事故と子どもの甲状腺がんの因果関係を指摘する声は多いが、権威ある医学専門誌に論文が掲載された意味は重い。国際的な専門家も事態を深刻に受け止めた証しだからだ。

 津田教授は会見であらためて論文の詳細を説明。原発事故から2014年末までに県が調査した約37万人を分析した結果、「二本松市」「本宮市」「三春町」「大玉村」の「福島中通り中部」で甲状腺がんの発生率が国内平均と比較して50倍に達したほか、「郡山市」で39倍などとなった。

津田教授は、86年のチェルノブイリ原発事故では5~6年後から甲状腺がんの患者数が増えたことや、WHO(世界保健機関)が13年にまとめた福島のがん発生予測をすでに上回っている――として、今後、患者数が爆発的に増える可能性を示唆した。

 その上で、「チェルノブイリ原発事故の経験が生かされなかった」「事故直後に安定ヨウ素剤を飲ませておけば、これから起きる発生は半分くらいに防げた」と言い、当時の政府・自治体の対応を批判。チェルノブイリ事故と比べて放射性物質の放出量が「10分の1」と公表されたことについても「もっと大きな放出、被曝があったと考えざるを得ない」と指摘した。

 一方、公表した論文について「時期尚早」や「過剰診断の結果」との指摘が出ていることに対しては「やりとりしている海外の研究者で時期尚早と言う人は誰もいない。むしろ早く論文にしろという声が圧倒的だ」「過剰診断で増える発生率はどの程度なのか。(証拠の)論文を示してほしい」と真っ向から反論。「日本では(論文が)理解されず、何の準備もされていない。対策を早く考えるべき」と訴えた。

「原発事故と甲状腺がんの因果関係は不明」とトボケ続けている政府と福島県の責任は重い。
****************
[2015/10/12 03:01] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


私は明治以後押し付けられた学説、常識、制度・・・すべて疑いの対象としてます。
白人が関ると、北米インディアンの虐殺から乗っ取りの歴史、
インカ虐殺から白人ばかりの国家成立の過程が今、日本で行われていると懸念してます。

年々陰謀論が現実となる状況で東京から九州に移転した、それでも汚染食品の
大量供給に安全な食品が一割も無い状況!真剣に世界市民になる準備をしてます。

20年後 日本人口は 1/10以下になるのは避けられず、知る努力を怠り世界に大被害
を及ぼした罪で世界の法廷で日本人全員処刑も白人に委ねられ、恐怖の展開も
ありえるので準備だけはしましょう。
公害裁判の法解釈・・・加害者立証責任が原発事故に適用されておれば、滅びる事も
無かったでしょう、世界一愚かな国民の未来に相応しい近未来を生き証人として見守る
しか無いのが残念!
[2015/10/12 06:49] URL | 天 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/10/12 09:38] | # [ 編集 ]

奇しくも・・・
天さんが、北米インディアンのことを書かれていますが・・・。

今日(10/12)は、コロンブスが新大陸を発見した日ということで、スペインはナショナルデー、中南米諸国はイスパニア・デーという祭日です。

2年前に書いた記事「521年前の今日・・・」
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/bf36e6e718c4c0add2bf152c679456d4

4年前に書いた記事「新大陸発見の日」
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/1d4000e780f0ad32cb0da40b0c2eb380

5年前に書いた記事「奇跡の救出・・・」
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/261852f8dbad0a8f5264fa156d7696bf

1492年の新大陸発見から500年後の1992年、歴史のゆがみを修正するためののろしが日本で上がったのでは・・・という気がしています。
この間、世界中で多くの災害が起こり、生きるということを真剣に考え行動する人が増えてきたと思います。
災害、戦争などで犠牲になった多くの人々のおかげで、私たちは、悪夢から目覚めることができ、立ち上がることができるようになってきたのでしょう。。。
かなり、妄想入ってます(笑)

今日、見つけたプーチン大統領の記者会見の動画です。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=99466

1593
[2015/10/13 04:51] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

私は安心して死んでいけます
光を食べて生きていくことに決めた。
闇が深い。

離れて暮らす息子(大学生)に、紹介されていた冒険手帳の本を送りました。
ぬか床とか、あらびき茶も。
亀さんの文書を(お手紙)拝見し、考えずにはいられませんでした。

身の回り整理も途中ですが、取り急ぎ御礼まで。

[2015/10/13 07:41] URL | ひよこ草 #- [ 編集 ]

選択肢はもっとあるのでは
まず 放射能無力化の技術は発明 実用されているのでは、なぜなら
311 により 日本が放射能漬けなら 日本人が死んだあと 次の住人が住めないから だったらもっと安全な方法で日本を攻めるのではないか?
あと 怖い怖い 苦しい苦しい 絶望絶望 なら 彼らの思うツボ 心が萎縮して新しい発想が浮かばないでしょう! みんな いつか 死ぬんだし 嫌なら この世界を否定すればいい 放射能の無い 消費税もない 全ての国民は健康で 不景気などなく 景気よく 国民は みんな ニコニコ 生きる希望に燃えている 政治家は国民のために身を粉にし働き 官僚も庶民のために一生懸命働く そこには天下りなどなく とにかく国民から金をむしり取ろうとする人は存在しない 国民全てが裕福 健康 幸せ 自由 地上の天国 日本国! に〜〜〜〜〜するには どうすれば良いのか 一人一人考える 意地でも考える 何千何万何億の人間と言うスパーコンピューターが考えれば きっと答えがでる そうすれば
日本がかわる 世界がかわる みんなが幸せの世界がくる みんなが考えて それぞれが実践する 何でもいい 行動する事
[2015/10/13 22:57] URL | ハーメルン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/872-b766f058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)