プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
来年を思う
月曜日に叔父の告別式に出席したことは「越生にて」に書いた。この後、母方の親族は四十九日の法事(今年の7月下旬)、さらには一年後(来年の6月15日)に一周忌を執り行うのが慣例だ。

7月下旬あたりの四十九日の法事は多分滞りなく執り行われるとは思うが、一年後の一周忌の場合、無事に執り行われる可能性は低いと亀さんは見ている。福島原発問題があるからだ。拙稿「ハト、シベリアに翔ぶ」で述べたように、来年の今ごろの日本は大混乱に陥っている可能性が高い。

「もはや福島原発は手のつけられない状態になっており、中性子線を発する水蒸気が日本や近隣諸国に拡大、年内に日本国内だけでも数千万人単位の人たちがバタバタと死んでいく」


よって、日本政府、あるいは統治能力を失った日本政府に代わる、ロシア・中国を中心とする国際組織による日本列島の統治が行われ、少なくとも東日本の住民は西日本あるいはロシアや中国に民族大移動となるのではないか…。そうした日に備え、バック一つに収まる程度の荷物にして、いつでも故郷を離れられるようにしておくべきだろう。そのように考えるきっかけとなったのは、仕事の取引先からの2011年3月17日付のメールである。一部を割愛の上、以下に掲載する。

関西地方での情報や受け入れについては、何なりとお問い合わせください。

私も阪神淡路大震災で発生後1日目に神戸市灘区の実家が全焼し、写真やアルバムの類もすべて焼失しました。

お子様の思い出の品も大事ですが、将来ご自身や奥様また大人になったお子様たちが過去を振り返るとき、「私や妻、祖母の写真や想い出の品」もできる限りお手元に残しておくことも大事かなと、16年経った今でも悔やんでおります。


だから、ビデオカメラで撮り、大量のVHSテープに録画したものを、亀さんは苦労してDVD14枚ほどにしている。無論、さらにブルーレイに焼けば3枚ほどに収まるはずだが、国外への民族大移動となった場合、まだまだブルーレイを再生できるレコーダーを持っている人たちは少ないと思うので、DVDの状態で持って行くつもりだ。また、DVDの焼き増しを遠方の子どもたちにも送付済みなので、万一誰かが壊したり紛失したりしても安心だ。

次に、大型アルバム12冊、ポケットアルバム30冊前後、さらにバラ写真が数百枚ほど無造作に数個の菓子箱に入っている。所有するスキャナーはA4サイズまでなので、大型アルバムは大変だ。よって、大型アルバム12冊は業者に依頼することにした。残るポケットアルバムやバラになった写真は、仕事の合間に残したい写真を選び、スキャンしていこうと思う。できれば今年の秋口あたりまでに終わらせ、DVDに焼き、やはり遠方の子どもたちに送るつもりである。

こうした家族の思い出以外に、持って行く予定の本、音楽、映画は以下のとおり。

■本
『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』(マキノ出版編)
『体質と食物 健康への道』(秋月辰一郎著)
『発酵マニアの天然工房』(きのこ著)
…その他
色々と持って行きたい本は多いのだが、荷物になる。よって今後はアマゾンのKindleを入手し、世界のどこでも読みたい本をダウンロード出来るようにするつもりだ。上記の本の必要なページを英訳し、現地の人たちと一緒に豆乳ヨーグルトを作り続けていきたいと思っている。

■CD
「今東光の極道辻説法」2枚
「歌い継いで…倍賞千恵子全集」6枚
…その他
昨年の今ごろ、川越で聞いた倍賞千恵子の美しい歌声が忘れられない。だから、祖国を去り、外国に住まざるを得なくなった場合、日本の心をしみじみと歌い上げたCDを持っていることで、心の安定剤になるのではと思うのだ。他にもクラシックなど持って行きたい音楽は多く、これらは仕事関連のファイルやソフトを入れた携帯型のHD(ハードディスク)に一緒に入れておくつもりだ。また、HDにない音楽は、いつでもダウンロードして購入できる。

15062501.jpg

■DVD
「キネマの天国」
「息子」
「東京家族」
「遙かなる山の呼び声」
…その他
DVDでは山田洋次監督の4作品を持っていきたい。「男はつらいよ」シリーズは、48作品の中から1~2作品ほどを持って行きたいと思っている。その他にも気に入っている作品は、CD同様HDにコピーしておくつもりだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/831-2fb2019b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)