プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
日本酒で放射能に克つ
先週、まほろば会に顔を出してきたんだが、今回も安西(正鷹)さんの「お金」と「大麻」に関する講話が中心であった。「お金」の講話については別の機会に取り上げるとして、今回は「大麻」について大雑把な感想を書いておこう。以下は安西さんが語ってくれた「大麻」の粗筋である。

1.菌と人類の共生
2.放射能を消す微生物・菌
3.広島・長崎の原爆と放射能の早期消滅
4.SFアニメが示唆する放射能消去のヒント
5.飯山一郎氏の大発見
6.中山康直氏の臨死体験と大麻


亀さんは311以来、飯山一郎さんの提唱する乳酸菌に注目、現在では生活の一部にすらなっているんだが、そうしたこともあり、安西さんの上記の1~6の講話はどれも興味深く、かつ納得できるものだった。特に印象的だったのが、「3.広島・長崎の原爆と放射能の早期消滅」だ。

原爆実験が行われたネバダ砂漠、あるいは原発事故のあったチェルノブイリで、未だに放射能の影響が残るのは何故か…。一方、原発を落とされた広島・長崎の場合、何故一年も経たないうちに放射能の影響が消え、元通りに自然が戻ったのか…。その理由として安西さんは菌の働きによるものと語っていたが、その通りである。確かに、ネバダ砂漠では灼熱の太陽で菌が死んでしまうし、チェルノブイリは逆に寒すぎて菌が十分な働きができない。このあたりは確か肥田舜太郎博士も語っていたように思う。

ところで、「3.広島・長崎の原爆と放射能の早期消滅」の講話のなかで、アッと驚く為五郎(古いかな…)だったのは、ナント日本酒が放射能に抜群の効果があるという安西さんの話である。これは初耳だったし、呑兵衛の亀さんにとって朗報だった。以下は「安西ファイル」からの転載…。

●日本酒が放射能を消去
・原爆投下の日、広島大学醸造学科の教授以下8名は、爆心地から1km以内にある大学構内で前日の夜から清酒(日本酒)を飲み始め、当日の朝まで大量に飲酒していた。
・当然、全員被爆したが、大量の死の灰を浴びたにもかかわらず、全員が放射能による阻害を受けず、原爆症に罹らなかった。もちろん、この8人以外に爆心地1km以内で生き残った者はいない。
・清酒(日本酒)は、並行復発酵によって醸造され、複数の種類の菌による共生効果および酵素結合結晶による新しい酵素が存在するといわれている。これが放射能を基質として代謝と交代、置換と交換を起こし、放射能を分解消失し、身体に対する有害作用を生じさせない働きを持つことにより、上記の事実が起こると考えられている。


う~ん、亀さんの場合、晩酌は、焼酎、日本酒、ウィスキー、ビール、ワインと色々なんだが、福島原発で大惨事発生という事態を想定して、今晩あたりから晩酌は日本酒だけにしようかな…(笑)。

13071902.jpg

まほろば会では講話が終わると即直会(なおらい)に入るんだが、出される飲み物は日本酒・焼酎・水と決まっている。だから、少なくともまほろば会の連中は、福島原発が最悪の事態を迎えたとしても、図太く生き延びてしまうのではないだろうか…。ビール党から清酒党に鞍替えした誰かさん、今ごろはホッとしているはずだ(爆)。

4.SFアニメが示唆する放射能消去のヒント」のSFアニメとは、宮崎駿の「風の谷のナウシカ」のこと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も311以後、ブログにいろいろなアイディアを書いてきました。
すべて上記の1から6に重なっているような・・・・(笑)
「共生」がキーワードですよね、本当に。。。

物理的には、できる限りの対策を講じ、あとは、精神的には、ケ・セラ・セラ~♪と
氣の会う人たちと助け合って、楽観的に生きることが、生き延びるこつなんじゃないかと。。。
そんな風に思っています。

細胞内のミトコンドリアが喜ぶような生活を心がければ、元気いっぱい~♪
がんなど、現代病の大部分が、ミトコンドリアの代謝異常が原因ですから・・・。

乳酸菌と太陽凝視は、ほんと、すごいです。

6900
[2015/04/23 05:36] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

太陽凝視
ひろみさん、お元気そうでなりよりです。

太陽凝視をやっているのですか、それは素晴らしい。小生も時折太陽を裸眼で眺めることがあります。

拙プロ具に書きたい記事は多いのだけど、当面は仕事に追われて書けそうにありません。だから、5月1日までという飯山さんの映画も、行けるかどうか微妙…。行けたら、感想を書きます。
[2015/04/23 12:02] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/803-27d7ca90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)