プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
ウクライナ危機の実相と日露関係
過日、一水会の木村三浩代表と交流の深い、民族派を代表するある識者にお会いし、主に日本を取り囲む世界情勢について、日本のマスコミやネットでは窺い知ることのできない、数々の貴重な情報を教えていただいた。その時、今日の日本で権力と真っ向から対峙しているのは、一水会の『レコンキスタ』、そして南丘喜八郎氏を発行人とする『月刊日本』の二誌のみだとその識者は語っていたが、亀さんもそのとおりだと思った。

その一水会の木村氏、過日の鳩山由紀夫元首相のクリミア行きに同行した一人だったのだが、同行については公にしてはいけない情報と思い、今日まで拙ブログでは取り上げることはしなかった。しかし、何のことはない、一水会で大胆に報告しているだけではなく、ブックレットまで出していた(笑)。この小冊の内容は同じく一水会のHPに案内が出ているので、関心のある読者は一読されると良いだろう(アマゾンは10~13日も待たされる。お急ぎの向きはジュンク堂が早い)。
ブックレット「ウクライナ危機の実相と日露関係」が発売されます

15032201.jpg

それにしても、鳩山由紀夫が理事長を務める一般社団法人東アジア共同体研究所に所属する高野孟氏が、クリミアに同行したのは分かるにしても、今まで鳩山と木村を結び付けるものがなかっただけに、一水会の木村氏も同行したという話を耳にして、公にされていない、何等かの国益に結びつくミッションがあったのではと思っている。何故なら、ロシアは木村氏を高く評価しており、信頼を寄せている人物だからである。そのあたりについては、拙稿「ヴァルダイ会議でのプーチン演説」でも少し触れた。また、今年の『レコンキスタ』一月号で、駐日ロシア大使が新年の挨拶をのべていることからも、ロシアと一水会の繋がりは一目瞭然だ。

ここで、木村氏が鳩山元首相のクリミア行きに同行した日程をもとに振り返ってみるに、黒い貴族の構成メンバーの一人であるウィリアム王子、プーチン派であるオバマ大統領のミシェル夫人、同じくプーチン派のドイツのメルケル首相といった要人の来日に加えて、当初は中国が創設したアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を否定していた安倍内閣が、ここへ来て“参加を検討する”という具合に態度を軟化させてきたこと、あのNHKに山本太郎氏が出演できたこと等、今回の鳩山・木村のクリミア訪問によって、何等かの地殻変動が起きつつあるのかもしれない。ともあれ当面にわたり、プーチン大統領と安倍首相の動きから目が離せなくなった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/786-7d65734a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)