プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
ゆでガエル現象
15032101.jpg

今朝の東京新聞の第一面である。安倍政権の太鼓持ちとなった産経新聞、権力の代弁者に成り下がった読売新聞と比較すれば、東京新聞は辛うじて権力と対峙する姿勢を残した、希有の存在と云えるかもしれない(『月刊日本』4月号の特集、「マスコミは安倍政権の走狗に成り下がった!」参照)。その東京新聞が連日のように戦争内閣への警鐘を鳴らし続けているのだが、世間は日本の軍国化にまるで無関心だ。そんな日本を見ていると、冷水の中に入れられたカエルの如く、水がゆっくりと温められているのにも気づかず、やがてゆでガエルになっていくといくのもやむを得ないと思えてくる。

さて、過日チュニジアのバルドー博物館で起きた襲撃事件、最も正鵠を射た情報を伝えていたのは、ブログ「櫻井ジャーナル」だった。
NATOとアルカイダが体制を崩壊させたリビアの隣国チュニジアでISの襲撃、その北にあるEUを脅す

襲撃事件の背景を明らかにしているだけでなく、イスラム国の正体も見事に炙り出している優れた記事なので必読だ。そして、同記事に納得できる読者であれば、過日紹介した東京新聞の記事「鳩山元首相 クリミア訪問 冷ややかロシアの待遇」(本稿の最後に再掲)も楽しめると思う。なぜなら、両事件の黒幕(戦争屋)が同根であるという察しがつくだけでなく、日本国内では〝ロシア専門家〟と思われている、二人の専門家の正体を見事に炙り出しているからだ。(御参考までに、ここで云う戦争屋の面々については、以下の記事で実名を挙げているので参照されたい)
情報筋:近いうちに米国でクーデターの可能性?!

一人は北野幸伯氏。同氏は地元ロシア紙は鳩山のクリミア訪問について、「こちらでは、全くと言っていいほど報じられていない。話題にもなっていない」と東京新聞に語っている。しかし、「ロシアの声」という地元のロシア紙で、鳩山元首相のクリミア訪問が大きく取り上げられているんだが…(爆)
モスクワで開かれた鳩山氏のブリーフィング

また、木村汎という北海道大学の名誉教授は、「(鳩山は)自己顕示欲を満たしたかっただけなんですかね」と語っているのだが、この発言は世界政治のダイナミズムを全く読み取れないという、同教授の視野狭窄ぶりをモノの見事に示している。

このように、〝ロシア専門家〟であるハズの北野幸伯氏や木村汎名誉教授の可笑しな発言の背景は、ブログ植草一秀の『知られざる真実』の以下の記事を読めば納得できよう。
鳩山元首相への激しい攻撃は巨大影響力の証し

15031701.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/785-9e3bf0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)