プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 第2部 42

大丈夫だよ、まだ若いんだし、これからいいこといっぱい待ってるよ。
第39作「寅次郎物語」


以下の佐藤利明氏のことばが心に残る。

「生きてて良かった」。そう感じるから、人は生きているんだ。この作品は、それをさりげなく描いているのです。


15020404.jpg

この第39作のラストシーンで、一葉の年賀状がアップで映し出される。その年賀状は、寅さんのお陰で息子の秀吉(伊藤祐一郎)と再会できた、五月みどり演じる母親おふでが、トラヤに送った年賀状である。以下は文面の一部だ。

つらいことはいろいろありましたが、今生きていてよかったと心から思っております。


15020405.jpg

やはり第39作だが、これから旅に出ようとする寅さんと、満男との間で交わされた会話も印象的だ。

満男 伯父さん、人間てさ、人間は、何のために生きてんのかな?
寅さん 難しいこと聞くな・・・何というかな、あぁ、生まれて来てよかったな、って思うことが何べんかあるんじゃない。そのために生きてんじゃねえか…
満男 ふぅ~ん…
寅さん そのうち、お前にもそういう時が来るよ、な、まぁ、がんばれ!


福島原発以降、本当に今の日本は元気がない。一度、第39作を見て元気を取り戻してもらえたらと願っている。

15020401.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/749-f394f35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)