プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
真面目になるな!
人命がかかっているという理由で、誰に命令されたわけでもないのに、安倍政権への批判を抑えようとする動きが、与野党はおろか大手マスコミも含め、至るところで見受けられる。あの共産党の志位委員長にしてすら、同党の池内議員の真っ当な声を咎めるという、大変愚かなことをしている有様である。

15013003.jpg
  削除された池内議員のツイート

今朝の東京新聞の「こちら特報部」に書かれていることだが、現時点で堂々と安倍首相の姿勢を批判しているのは、政治家では小沢一郎の生活の党と山本太郎だけとなった。ご参考までに、今朝の東京新聞の記事に掲載された、山崎雅弘氏の発言を引用しておこう。

戦史・現代紛争史研究科の山崎雅弘氏は、戦前の大政翼賛会体制とダブらせる。

「多くの人は、軍部から脅かされて政府の方針に従ったのではない。まじめな人ほど、自ら進んで政府の考えを受け入れた。それが大政翼賛会につながった。人質事件で安倍政権への批判を自粛する人々は、戦前の人々と同じようにまじめなのではないか。人質の早期解放につながる建設的な批判であれば、臆さずに行うべきだ」


同感である。〝まじめ〟であることを止め、臆さずに建設的な批判を吐いていこうではないか。

ところで、ネット世界に目を転じてみると、危険を顧みずに勇気ある発言を続けているのが、ブログ友の飯山一郎さんである。どのような発言かは、ご本人の「飯山一郎のLittle HP」でご確認していただくとして、流石にここまで人質事件の背景を公にすると、飯山さんに身の危険が及ぶのでは心配になってくるが、飯山さんを囲む人脈の一部知る身として、今のところは大丈夫だろうとは思っている。

ともあれ、ネット界では常識になっているのに、未だに大手マスコミが報じていない情報の一つに、イスラム国を誕生させたのがアメリカ(CIA)とイスラエル(モサド)という事実がある。だから、今でもアメリカとイスラエルがイスラム国を裏で支えていることを、しっかりと認識しておくことが大切だ。

15012903.jpg

一方、「急務! イスラム国を理解せよ!」と題する記事を書いた行政調査新聞は、イスラム国はアメリカ・イスラエルの合作である点は認めているものの、今やイスラム国は生みの親であるアメリカとイスラエルの手を離れていると説く。

かつて米CIAにいたスノーデンは、「モサド(イスラエル)は、ISISとイランを戦わせ、スンニとシーアの両方を消耗させて弱体化するためにISISを作った」と語ったことがあるが、建国されたばかりのイスラム国は、たしかにアメリカやイスラエルの息がかかった存在だった。ある意味でアルカイダと酷似していたといっていいだろう。ところがわずか数カ月でイスラム国は変身してしまった。とくに行政機構、軍事態勢などがまったく見えなくなってしまったのだ。


本当なのだろうか…。イスラム国がアメリカとイスラエルの手を離れたのか、そうではないのか、ここはしっかりと見極めが必要である。少なくとも亀さんは、未だにアメリカ・イスラエルとイスラム国が太いパイプで繋がっていると考えている。その証拠の一つが以下の写真である。写っているのはジョン・マケイン(アメリカ)、そしてバグダディ(イスラム国)である。写真の背景については、以下の飯山さんの記事を参照されたい。(マケインが今でもイスラム国に深く関与しているという事実は、飯山一郎さんの一連の記事を参照のこと)
◆2015/01/28(水)  徹底的に翻弄されるぞ!>安倍内閣

15013004.jpg

最後に、人質事件に関する今回の飯山さんの一連の情報で、やはりなぁと思ったのは田母神俊雄と湯川遥菜氏との深い繋がりである。また、後藤健二氏についても、以下のようなツイートをするあたり、田母神の人間性が良く出ているではないか。



田母神俊雄氏 後藤健二さんの母・石堂順子さんへの疑念をツイート

15013001.jpg

15013002.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/747-7ea121b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)