プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
滅びゆく日本
内田樹氏のブログ記事、「2015年の年頭予言」を読む。内田氏は同記事の冒頭で、〝私たちの国はいま「滅びる」方向に向かっている〟と書いており、亀さんもその通りだと思っている。

だが、内田氏の記事で一つだけ同意しかねる点がある。文中、内田氏は「國破れて山河あり」を持ち出し、内田氏独特の〝山河〟を定義している。

私が「山河」というときには指しているのは海洋や土壌や大気や森林や河川のような自然環境のことだけではない。

日本の言語、学術、宗教、技芸、文学、芸能、商習慣、生活文化、さらに具体的には治安のよさや上下水道や交通や通信の安定的な運転やクラフトマンシップや接客サービスや・・・そういったものも含まれる。

日本語の語彙や音韻から、「当たり前のように定時に電車が来る」ことまで含めて、私たち日本人の身体のうちに内面化した文化資源と制度資本の全体を含めて私は「山河」と呼んでいる。


内田氏の定義する〝山河〟が、永久に続いて欲しいと願う気持ちは亀さんも同じだ。しかし、同記事において内田氏は、福島原発事故、そして日本に50基以上も残る原発については、何等言及していない。以下は拙稿「健さんが逝った、そして日本も…」からの抜粋だが、山紫水明の地だった日本は最早無く、火山の噴火や地震などにより、老朽化した残りの原発によって福島原発並、あるいはそれ以上の惨禍がもたらされる可能性が高いのだ。

日本には55基もの原発があり、老朽化によって将来はすべて廃炉にしなければならず、その廃炉に莫大な費用がかかること、否、いくらかかっても廃炉に出来れば良い方で、大地震か多発し、また火山国でもある日本では、第二の福島原発事故が起こる方の可能性が高い。こうした将来的なツケは、危険な島国に生まれた我々の子孫が背負うのである。


残された道は、一人一人が免疫力を高めていき、放射性物質を含む食糧を避け、努めて内部被曝から逃れることで、日本列島で細々と生き延びていくか、遠い海外に移住するしかない。数日前、「最悪の事態に備える」と題する記事を書いたが、仮に敵国に日本の数基の原発へ原子爆弾を打ち込まれたら、完全に日本は終わりである。

14121801.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/735-e81129d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)