プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
拉致問題を乗り越え日朝国交正常化交渉を進展させよ
14111201.jpg

今月の10日、行政調査新聞に「拉致問題を乗り越え日朝国交正常化交渉を進展させよ」と題する新記事が掲載された。

同記事に目を通し、今回の記事のテーマの形で打ち出された、「拉致問題を乗り越え日朝国交正常化交渉を進展させよ」という同誌の主張、諸手を挙げて賛成だ。同時に、印象に残ったのが文中の「横田めぐみさんが本当に生存しているか否かは、正直なところわからない」という記述である。

同誌は、少なくとも4年前は、めぐみさんの生存を信じていた節がある。以下は2010年8月10日号の同紙からの抜粋…。

仮に横田めぐみさんが登場し、日本に向かってメッセージを流したらどうなるか――。先に述べたとおり、小沢一郎の代理人と北朝鮮高官が1年以上も定期的会合を持っていた事実は、横田めぐみさんをめぐる衝撃のプログラムが準備されている可能性を暗示している。


今号の記事を読み、仮にめぐみさんが生存していたとしても、我々の前に登場することはないだろうと、亀さんは改めて思った。なぜなら、めぐみさんは死去したと発表した金正日の言葉は、今号の同誌にも書かれているように、北では神の言葉とされているからだ。ともあれ、今号も必読の行政調査新聞である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/704-7681a5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)