プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
一葉の古写真が語りかけてくるもの
昨日、近くに住む伯母が尋ねてきてくれた。そして、玄関に座った伯母が徐に数葉の写真を袋から出し、広げて見せてくれたのだが、ナント、その中に長年探し求めていた写真があった。亀さんの父方の祖父の写真である。伯母が自身の実父の写真を一葉だけ持っていると語ってくれたことがあるので、コピーさせて欲しいと頼んでいた写真だったが、伯母が一所懸命に探してくれたものの、なかなか見つからない写真だったのである。だから、最近は半ば諦めていただけに、昨日は長年探し求めていた写真を手に、年甲斐もなく興奮してしまった亀さんである。

写真に写る祖父は、明治28年12月生まれで、昭和14年6月に43歳で没している。写真は赤子だった父を抱いている祖父の写真だから、大正12年1月に生まれてから数ヶ月後の父を祖父が抱いている写真ということになり、91年も前の写真だ。それにしても、写真に写る26歳前後の祖父と誕生して間もない父を眺めていると、何とも不思議な気持ちになってくる。

さらに祖父の父、すなわち亀さんからみれば大祖父にあたる熊太郎は天保13年8月に生まれ、明治39年に没している。さらに、熊太郎の父、すなわち亀さんにとっては高祖父にあたる八兵衛の場合、生年月日は不明だが、明治4年2月に64歳で没したと墓誌に刻まれていた。ということは、逆算すれば文化4年(1807)年あたりの生まれとなる。さらにそれ以前も知りたかったのだが、残念ながら八兵衛までで、それ以上遡ることはできなかった。しかし、確実に言えることは、この地球上に生命が誕生してから亀さんが生まれるまで、何億年という時間をかけて流れてきた、命という名の大河の存在であり、綿々と命のバトンタッチが続いた末、漸く亀さんが誕生したという事実である。このあたりについては、「引き継がれていく命」と題した拙稿にも書いた。そろそろ、冥土までの暇潰しとしてルーツ探しといきたいところだが、当面は仕事(翻訳)に精を出さねばならない身なので諦めるしかない。

ところで、古写真と云えばベアトを思い出すのだが、そのベアトが撮った数多くの写真の中に、女優・名取裕子の母方の大祖父・甚吉の家が写っていることを、最近のNHKの「ファミリーヒストリー」で知った。「名取裕子~幕末の写真 母の形見の真実~」というテーマの番組である。

14110601.jpg

14110602.jpg

14110603.jpg

14110604.jpg

右側の赤い丸で囲んだ家が甚吉の家とのことで、もしかしたら家の直ぐ前を歩く男が甚吉なのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/702-0890e2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)