プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
まるで行者…
実母の米寿の祝い金が市から出たということで、近所の民生委員Oさんが届けに来てくれた。Oさんの息子と亀さんの下の息子が同級生だったということもあり、ついでに色々と情報交換をしていくうち、ヨガ、食べ物、乳酸菌ヨーグルトの話になった。今は二食だが近く一食にする予定だと伝えると、「まるで行者だ」と言う。そこで、読み終えたばかりの船瀬俊介氏の『やってみました! 1日1食』(三五館)のさわりを紹介してみた。Oさん、タモリやビートたけしも1日1食であることを知り、驚いている様子だった。

船瀬氏は亀さんと同じ飯能市に住んでいることもあり、駅の構内で幾度か見たことがあるが、声をかけたことはない。今度機会があれば声をかけてみようと思っている。その船瀬氏の『やってみました! 1日1食』、例によって印象に残った箇所をメモしておこう。それにしても、相変わらずシニカルな文章が多い(苦笑)。

政府や医学界が「三食キチンと食べろ」とうるさく言うのは「キチン」と食べて、いっかり病気になって、しっかり稼がせてください……という〝ホンネ〟が裏にあるのです。
『やってみました! 1日1食』p.39

とりわけ千島学説との出会いは、私の医療観、世界観が根底から激変させました。断食療法に目覚めたのも千島先生のおかげです。その頃から「この世界は利益構造のために、ニセの医学理論や〝大衆洗脳〟が行われており、ダマされている」ことに気づいたのです。医療利権も国家も同じです。その本質に気づかされたのも千島先生の本です。
『やってみました! 1日1食』p.91

「断食により皮膚は若々しくなり、色つやがよくなる。この皮膚の若返りは表面的には見えない身体全体の若返りの表れである」(米、シェルトン博士)
『やってみました! 1日1食』p.96

一日しっかり三食食べている人は、ガンへの最短距離を走っていることになります。政府(厚生省)が「一日きっちり三食を食べましょう」と〝指導〟しているのは「キッチリガンになりましょう!」と呼びかけているのと同じです。
『やってみました! 1日1食』p.101

一日一食など少食健康法を実践している人は、認知症やアルツハイマー病とは無縁の老後が送れることの証明です。
『やってみました! 1日1食』p.114


14091101.jpg

色々と教わることの多かった『やってみました! 1日1食』であるが、タダ一点惜しかったのは、咀嚼の重要性について全く触れていない点であった。

最近、今秋からTVドラマ「深夜食堂」が帰って来ることを知り、この機会にと世界戦略情報誌『みち』の執筆者と読者が集う、「まほろば会」にダビングしておいた「深夜食堂」全20話のDVDを置いてきた。まほろば会の皆さんの感想を後で聞くのが楽しみなのだが、一つだけ「深夜食堂」で気になったのは〝咀嚼〟である。登場人物のほとんどが、わずか数回噛むだけなのだ。

「世界一ハンバーガーをおいしそうに食べる1歳児」というYouTubeがある。可愛らしい幼児の登場に思わず微笑む読者も多いと思うが、よく見ると口に入れてから5~6回噛んでいるだけなのが分かる。これでは、1日3食+おやつと、大食いしないと空腹で堪らなくなるのも無理もない。



もう一つ、ハンバーガーは肉を使っている。しかし、実は肉類は〝邪食〟なのだ。この辺りは『やってみました! 1日1食』を一読いただければよく分かるだろう。しかし、亀さんは敢えて肉を食うことが時折ある。それは、以下のように人と食事を共にする時だ。

肉は邪食だ。しかし、ワシも時には焼き肉食う。食事には栄養以外に、交友を保つ面もあるからだ。
『やってみました! 1日1食』p.102


ところで、まほろば会に今東光の「極道辻説法」のCDも置いてきた。これを聞いた面々、おそらく腰を抜かすだろうな…(ニヤリ)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/666-8917a3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)