プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
ヒトにとっての「快楽」
過日の「パンツを脱ごう!」で紹介した、栗本慎一郎の以下の記述を思い出していただきたい。

2、それが大規模であり、組織的で効率的であればあるほどヒトは生き残れた。

3、組織的、効率的であるために、「快感」がセットされた。攻撃、戦闘、殺戮の快感である。

4、この快感が、建設、拡大の快感の起源である。


ヒト以外にも、たとえばライオはシマウマといった草食動物を殺すが、それは食うため=生きるためである。一方、ヒトは残忍な方法で、食うために殺すという以外の目的で、多くの動物、時には同じヒトを殺戮してきたし、現在も相も変わらず殺戮し続けている。それは、大勢のガザの老人、女性、子供たちを、イスラエル兵が連日殺戮しているのを見れば容易に頷けよう。この行為を栗本慎一郎氏のように、「快感」と呼んでいいのかどうかは分からないが、少なくともどうしようもないヒトの性と言えるのではないか。

そうしたヒトというものを考えると、以下の今東光の言葉も頷けるのではないだろうか。

人類が争いをやめ、一心同体になる日は?
何故、野心を持って人と人とが争うのだろう? 何故、闘争心が人と人とを戦わせるのだろう? 何故、人が人を苦しめるのだろう? すべての人類が一心同体となれるような世の中はこないのだろうか? 俺はもっと穏やかで、のんびりした平和な世の中になってもいいと思うんだが? (福岡市博多区 19歳 M.S)

バカこけ! そんな甘いこと考えているからダメなんだ。オレが「戦争は否定しない」などと言うと、すぐタカ派だの何だのと言うが、インドのシバという神様、魔神みたいなシバの神は、建設と破壊の両方を司るんだ。それくらい、建設と破壊というものは背中合わせになっているもんでね。

キリスト教の方でいうと、天使ガブリエルがそれだ。これはやはり戦争の神であると同時に産みの神なんだよ。処女マリアの前に受胎告知に現れたのがこの天使ガブリエル、それから戦場の上方で剣を握ってバッバッやっているのもガブリエルだ。ガブリエルが建設と破壊を司るんだ。だから、戦争があるたびに文明、文化が進んだんだ。

これはやむを得ざる人間の本能なんだけど、やっぱり神の意志であり、神の摂理なんだよ。戦争があるたびに文明、文化が進んできたというのに、それを「仲よく一心同体に」なんてふざけたこと、考えるな!

平和になりすぎたら、文明も文化も栄えやしない。人類の未来を支えてくれるかもしれない核エネルギーの利用法だって、ああいう戦争があって核兵器の研究が進んだからこそできるんであってな。何とぼけたこと言ってるんだ。世界は一つにとか何とか甘いこと考えるな。そんなふざけたバカなこと考えちゃいけない。常に破壊と建設、建設と破壊というものは、縄をなうようにしていって、そこに人間の生活が生まれ繁栄していき、入生を形づくっていくんだ。てめえみたいなこと考えちゃいけねえよ。

『最後の極道辻説法』p.143


※ 原発についての和尚の認識はピントがずれているが、30年以上前の発言なので仕方がないのカモ…。

14082101.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/658-33674f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)