プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
オバマの肚
過日、「プーチンの肚」という記事を書いたが、今日は「オバマの肚」を書いてみたい。

亀さんは「ドルとユーロを巡る覇権争い」という記事で、「オバマ大統領に対する見方で、その人の持つ大凡の世界観が分かる」と書いた。その伝でいけば、オバマの肚(建て前と本音)を、キチンと見分けることができるかどうかで、その人の持つ世界観が本物かどうかが分かるのだ。このオバマの肚を教えてくれたのは、『月刊日本』論説委員の山浦嘉久さん、そして乳酸菌の飯山一郎さんのお二人だ。お二人ともアメリカは戦争屋と反戦争屋に分断(内戦状態)されており、オバマは反戦争屋に属しているとする見方だ。

このあたりが分からないと、たとえば天木直人氏のように、「あまりにも日本を軽視したオバマ大統領の訪日」といった、的外れな記事を書いてしまうことになる。オバマが〝日本を軽視する」理由を明白に述べているのが、飯山一郎さんの以下の記事である〟
「オバマ大統領は迎賓館に宿泊せず、都内のホテルを利用する」 「大統領の“国賓”訪日にミシェル大統領夫人は同行しない」 「23日夜の到着予定時刻が固まらないことも、警備態勢を含めて日本側をやきもきさせている…」

ところで、天木氏は「それでも日露外相会談をすすめる佐藤優はくわせものだ」といった記事も書いている。同じ外務省出身でありながら、かなり佐藤氏のことがお嫌いのようだ(笑)。以下は問題の東京新聞の記事なんだが、一読すればお分かりのように至ってまともな記事であり、正論であると亀さんは思う。〝平和憲法9条を捨て去る〟ことを政治信条だと公言している安倍首相の魂胆を十分に承知の上で、「そう時を置かずどこかで岸田外相がラブロフ露外相と会談する機会を設け、ハイレベルでのロシアとの対話を維持すべきだ」と主張する佐藤氏の肚を読むべきであると思うし、その観点から見れば佐藤氏の主張に何等異存はない。このあたり、エリートコースを歩んできた天木氏と、非エリートコースを歩んできた佐藤氏の違いだけではなく、佐藤氏には512日間も拘留された体験の重みが加わっていることがわかる。

14041901.jpg

人間が一人前になるには、大病をするか、刑務所に入るか、浪人をするか、いずれかの苦労をしなければいけない」と言い放ったのは、亀さんが以前勤めていた会社とも関係の深かった、「電力の鬼」松永安左エ門翁だが、刑務所を経験した佐藤氏も得がたい体験をしたのは想像に難くない。残念ながら、亀さんはいずれも体験していないので、未だにトンビ…ではなかった半人前なのだ(涙)。亀さんは3年間近く世界を放浪しているが、あれば遊びであって、職を失って苦労する浪人という立場と異なる。

ところで話題は変わるが、亀さんがSTAP細胞騒動に関心があるのは、何も世間で騒がれているからという理由だけではない。乳酸菌が深く関与していることを知ったからだ。飯山一郎さんが世の中に公開してくれた乳酸菌とのお付き合いは3年に及ぶが、その間乳酸菌の凄さを日々体験しているだけに、STAP細胞が成功したウラに乳酸菌があったとする飯山さんの主張にも、素直に頷けるのだ。このあたり、シリーズの形で書くとのことなので注目していこう。
◆2014/04/19(土) 熊本大・太田准教授のハッタリ論文
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/575-20b5c852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)