プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
STAP細胞騒動
昨日の夜のニュースは、同日行われた小保方晴子さんの記者会見で持ち切りだった。70日にわたった今回のSTAP細胞騒動を傍から眺めてきた亀さんは、基本的に久保方さんの側に立つ。以下は、その理由である。

理由その1:任侠心
最初に、事の真偽云々といった以前に、大手マスコミと理化学研究所の久保方叩きは〝異常〟である。飯山一郎さんが自身のHPの最新記事、「◆2014/04/10(木) STAP細胞も 乳酸菌がつくった可能性」で、判官贔屓としての立場を強調していたが、亀さんも同様の意味で、任侠心から久保方さんの側に立つ。

14041001.jpg

理由その2:STAP細胞
亀さんが今回の一連の騒動について発言するのを控えていたのは、STAP細胞の真偽のほどを見極めたかったからだ。そんな折、上記の飯山一郎さんの「◆2014/04/10(木) STAP細胞も 乳酸菌がつくった可能性」を読み、久保方さんは間違いなくSTAP細胞の作製に成功していると確信することができた。

久保方さんの側に立つ理由は以上だ。参考までに飯山さんの記事以外で、亀さんの目を引いたSTAP細胞関連の記事を、簡単なコメントとともに以下に示しておこう。

小保方氏会見が浮き彫りにした杜撰理研内部調査
 植草一秀氏の記事である。昨日の久保方さんの記者会見を、最も的確かつ分かりやすく書いており、その上で利権…、じゃなかった理研という組織を「独立行政法人理化学研究所の対応がお話にならないほど、拙劣である」と、一刀両断にしているあたりは流石である。

ips細胞の第一発見者は山中教授ではない。山中教授は研究グループの統括責任者にすぎない。ips細胞グループとSTAP細胞グループの暗闘が「小保方晴子バッシング報道」の根源にあるのではないか?
 山崎行太郎氏の記事である。基本的に今回の山崎氏の記事に賛同する。それにしても、iPS細胞の山中伸弥教授、亀さんはSTAP細胞が発表された当時、久保方さんを絶賛していた山中教授しか知らなかったのだが、山崎氏の記事を読み、「山中教授が国会の何処かの委員会に出席して、研究ノートがどうの、最近の30代の研究者は未熟だのと、理研やマスコミと口裏を合わせたかのような発言をおこなっていた」ということを知り、ナルホド山中氏もついに〝取り囲まれてしまった〟のかとがっかりした次第である。

プーチンの「スノーデン」というカード!
 上記の記事は「日本人の研究!」というブログからであるが、亀さんが注目したのは同記事の以下のコメント欄だ。

>、ブラックNHKの番組に出演している山中伸弥の様子、さらには、小保方騒動についての彼のコメントには、何か異様なものを、感じてしまいます。
>Jack 天野さん2014/04/03 13:37

そのとおり。iPS細胞は動物細胞とのキメラであり人間への治療にはまったく使えません。ノーベル賞受賞時にマスゴミにバッシングされたヒト肝細胞由来幹細胞治療成功させた日本人医師がいましたがあちらが本当のノーベル賞ですね。小保方さんも日本マスゴミに叩かれているからSTAPは本物だと明らかにわかります。
なぜなら日本政府と日本マスゴミが言うことは何から何まですべて嘘だからです。


大分前になるが、仕事で理研を訪問したことがある。その理研の所長・野依良治氏はノーベル賞をとっているが、一度ノーベル賞選考委員だった藤井尚治氏のエピソードを下敷きに、ノーベル賞のウラを書きたいと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
深いなあ
亀さん
こんにちは

いつもながら深耕されていて
関心を持ちながら拝見しています。

大きな組織の立場、立場での綱引きが始まっているのでしょうか
しかし科学の心理はそういうことではなく
立場を超えた純粋な気持ちで導き出してもたいたいものです。

ノーテンキにそこいら辺をさまよっている私には
難解でありますなあ
[2014/04/10 12:35] URL | 奥武蔵の山人 #- [ 編集 ]

理研は利権屋
山人さん、ご無沙汰しております。インフルエンザに罹ったとのことですが、その後の経過が宜しいようで何よりです。また、いつも素晴らしい写真を有り難う御座います。ところで小生、昨日は「小さな旅」をしてきました。後に記事にしてアップします。

> 大きな組織の立場、立場での綱引きが始まっているのでしょうか

〝黒幕〟についてはヒントになるのが、例えば「Resurrection」というブログです。同ブログではズバリ黒幕は「戦争屋」だと主張しています。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11819058507.html

まぁ、確かに利権…、じゃなかった理研絡みの今回の騒動は、背後に巨大な利権が絡んでいます。だから、「ねずさんの ひとりごと」というブログでも、「[緊急投稿]国は小保方晴子さんを護れ!」という[緊急]記事を書くわけです。そして、ねずさんも巨額の利権絡みの話であると、ズバリ指摘しています。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2233.html

しかし、ねずさんは日本政府に久保方さんを守れと主張していますが、今の日本政府というか、日本の政体にそれだけの頭脳も戦略もあるとは、亀さんには到底思えません。

一方で、ブログ友の「反戦な家づくり」の名月さんが書いているように、未だに任侠心を捨て去っていない日本人が、久保方さんの背後にいることを知り、嬉しく思っています。ともあれ、長い戦いはこれからです。
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1328.html

******************************
ところが小保方氏は論文を撤回しなかった。撤回しない限り、後々第三者による再現がなされたときの発明者は小保方さんのママである。
まさか、敏腕弁護士を何人もそろえて反撃してくるとは、想像もしていなかったのだろう。昨日の会見では言わなかったことがたぶん、小保方さんの決め球のはずだ。理研は頭を抱えているに違いない。
******************************
[2014/04/11 02:33] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


STAP細胞の1年ちょっと前に、熊本大学で、乳酸菌が細胞を万能化させる、という発表をしていましたが、ほとんど話題にもなりませんでした。
また、最近鳥取大学でがん細胞を正常細胞に戻すことができるという発表も出ていますが、これも、ほとんど話題になっていません。

知り合いのキネオロジストが、小保方さんの意識レベルは、すごく高いと言っていました。
理研の意識レベルは「理性」だから、圧力に弱いと・・・。
論文の撤回で騒いでいますが、特許の撤回の話はしてないですよね。。。
このことは、武田教授が突っ込んでいらっしゃるようですが、マスコミではまったくのスルーです。。。
ここに、すべてが集約されているんでしょうね(笑)

分かる人には、分かる、分からない人でも、なんとなく、分かってくる・・・そんな感じになってきているかもしれません。。。
4167
[2014/04/11 04:22] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

コメント多謝
> 分かる人には、分かる、分からない人でも、なんとなく、分かってくる

そう鴨…(笑)

結局、一言で言えば「お金」だわな。流石は理研…、否利権屋集団ということですね。
[2014/04/11 04:43] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


世間の空気は小保方さん擁護に傾きつつあるように感じます。

正直、今の段階で何が正しいのかは判断出来ませんが、理研やマスコミの病巣があばかれて結果より良い世の中になる事を祈ります。

それにしてもマスコミの報道は酷い!
その部分だけは小保方さんに無条件で同情します。
[2014/04/12 17:16] URL | #- [ 編集 ]

今回の事件で見えてくるモノ…
投稿ありがとうございました。

前回のコメントでは肯定派とも云うべき人たちの意見でしたが、一方で否定派もいます。大手マスコミはほとんどそうですが、ブロガーでも否定派の人たちも無論大勢います。そうした人たちにほぼ共通するのは、理研の闇をスルーしていることです。このあたりをしっかりと指摘できるかどうかで、そのブロガーの〝色〟があるていど読めますね。

今度ともよろしくお願いいたします。
[2014/04/12 19:46] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/567-6ba5817b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)