プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
サメの話
すべての人は潜在的にサメが好き!? 人食いモンスターでは決してない 真のサメの魅力を知ってほしい」と題した、ユニークな記事が現代ビジネスに載った。

14040602.jpg

同記事を読み進めながら、脳裏に浮かんだのが幾度かお会いしたことのある西原克成先生だった。先生の説によれば、太古の昔に海を泳いでいた魚が陸に上がり、それが現在の陸上に棲む生き物の始祖になったとのことだが、ここまでは読者も異存はないと思う。しかし、その先の先生の話がユニークだ。

つまり、陸に上がった魚には二系統があったと、先生は主張しているのだ。一つは現在の哺乳類動物に進化した系統、もう一つは両生類、爬虫類、鳥類に進化した系統と、地上の生き物には大きく分けて二系統の祖先がいたと、先生は主張しているのである。しかも、ナントその二系統ともサメなのだと言う。「サメは太古のクラドセラケからトチザメ型とネコザメ型の二種類に分かれた」とする先生の主張は、『内臓が生みだす心』(NHKブックス)や『追い詰められた進化論』(日本教文社)を参照されたい。

14040601.jpg

ここで、先生は三木成夫派であること思い出した読者もいると思う。三木成夫については、以下のページで三木説の大凡が分かるはずだ。
(1)地球進化の凝縮体としての人間の身体
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/560-dfeada8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)