プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
藤井厳喜の落合秘史
藤井厳喜氏が「落合莞爾・秘史シリーズを語る①」をアップした。


http://www.youtube.com/watch?v=oeNofxXPqXg

また、『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』が明治維新のカテゴリでベストセラー1位になった。

14021002.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント
びっくり!
動画の音声を聞きながら、別のことをしていたのですが、吉薗周蔵手記の部分を読んだところで、アヤタチの起源のことが耳に入り、びっくりです。
近江のイセ・・・たぶん、守山市の伊勢遺跡のことだと思いますが、私の父方の祖先の地に近いのです。
以前その周辺を調べていたときに、見つけて、伊勢神宮との関係とかにも言及している研究者がいました。
父の祖父の代でその地を離れていて、父も詳細は知らないようなのですが、私もいろいろ調べていて、渡来系色が強い地域だとは思っていましたが・・・。
アヤタチとのつながりについては考えたこともありませんでしたので、びっくりです。
[2014/02/12 18:36] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

紀州半島について
小生も数年来、紀伊半島に関心を抱くようになり、殊に鈴鹿市は亀さん家のルーツであると、さる筋から教えてもらったことがあります。爾来、仕事の合間に調べているのですが、未だに五里霧中といった塩梅です。始祖は鈴鹿市から亀山市に移り住み、その後さらに京都の亀岡市りに移り住んだと聞き及んでいます。

鈴鹿と云えば本田技研の鈴鹿サーキットを連想しますが、その本田技研に7年近く勤めていたのも何かの縁かもしれず、その鈴鹿サーキットではレーサーだった浮谷東次郎も走っており、その浮谷東次郎とさる筋との間に深い交友関係があったことを思い出しました。ちなみに、浮谷東次郎の母方の祖父は、あの堀川辰吉郎でした。

このあたりから、アヤタチを調べると面白いかもしれませんね。

亀さん
[2014/02/13 07:18] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


私と紀伊半島の関係は、そんなに深くはないのですが・・・。
6歳まで、大阪南部の近鉄沿線に住んでいたので、当時海といえば近鉄に乗って、伊勢や鳥羽へ行くことが多かったです。

それと、スペインへ来る数年前に知り合った人から、和歌山の有田川上流の清水町というところのエネルギーがいいから、行ってみたら、と進められて、何度か行きました。
スペインへ来てなかったらその村に移住していたかも・・・(笑)
そして、今住んでいる村って、なんとなく、その清水町に似ているような気がするんです。
生まれて初めての田舎暮らしが、日本ではなくスペインで始まり、それも、10年以上前に行ったお気に入りの村を思い出すようなところなんて・・・って感じです。

鈴鹿サーキットは一度だけ行きました。
就職したアパレル会社が、女性バイクチームのブランドをつくり、スポンサーをしていて、そのチームの応援のため、バイクチームのブランドのまるでレースクィーンが着るような服を着たんです。決して私の趣味じゃないんですけど・・・、今考えたら、いい思い出です。

鈴鹿って、たしか、祇園祭の山鉾の中に、鈴鹿という名前のものがあったはずです。以前何かを調べているときに、そんなことが出てきた覚えがあります。
祇園祭といえば・・・シオンの祭のことといわれていたり、装飾が古代イスラエルとかペルシャ風っていう話なので、これもつながっていますね。。。

4540
[2014/02/14 02:26] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

八坂神社(祇園祭)=鈴鹿
ひろみさん、一段落したので、またボチボチブログを再開します。

> 鈴鹿って、たしか、祇園祭の山鉾の中に、鈴鹿という名前のものがあったはずです。

実は、亀さん家は鈴鹿にルーツがあると教えてくれたさる筋が、一昨年の夏に京都を久しぶりに訪問した折に八坂神社を訪問するようにとアドバイスしてくれたことがあります。そのあたりは「遠祖を求めて」に書きました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

だから今回のひろみさんの指摘で、祇園祭の山鉾の一つに「鈴鹿山」があることを知り、興味を抱きました。ここに、祇園祭(八坂神社)と鈴鹿を結び付けてくれたひろみさんに感謝致しします。確実に〝何かがある〟ので、更に追求したいものの、上記の記事を書いて以降の亀さん家のルーツ探しは全く進展していません (^^);
[2014/02/14 06:55] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


八坂神社は、子供のころよく行ってました。
隣の東本願寺の霊廟に父方の曽祖父母と祖父母が眠っているんです。
祖父の家が京都と隣接する大阪の端っこに住んでいたため、京都はお彼岸、
お盆にいつも行きました。
私は、8月の終わりの生まれなのですが、予定日が近いのに母は、大文字が
見たいと言って、がんばって見に行ったらしいです。
でも、なぜか、子供時代に大文字焼きを見に行った覚えはありません。
祇園祭も葵祭りも見に行った覚えがありません。
今考えるとちょっと不思議な感じがします。
京都に親戚がいるらしいのですが、その方々との親戚づきあいもあまりなかった
ですし。。。
(話に時々出てきた覚えはありますけれど・・・)
私も、確実に「何かある」と感じてるのですが、なかなか、ルーツ探しは難しい
ですね。。。
私の場合は、まずは、父の祖父が後にしたという、近江の三上山周辺です。。。
[2014/02/15 20:48] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

ふと・・・
鈴鹿で、先の朝ドラのあまちゃんを思い出してしまいました。
薬師丸ひろ子が演じる女優鈴鹿ひろ美が、静御前の役をやるという話を。。。
なんか、引っ掛けてるのかな・・・と思って、検索したら、興味深いブログを見つけました。
全部読んでませんが、一応参考のために載せておきます。
http://dostoev.exblog.jp/i229

[2014/02/16 01:17] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

遠祖を訪ねる
> 隣の東本願寺の霊廟に父方の曽祖父母と祖父母が眠っているんです。

咄嗟に思い出したのが堀川辰吉郎と深い繋がりのあった大谷光瑞です。詳しくは落合秘史でご確認ください。これは、成甲書房で出している本ではなく、『ニューリーダー』に掲載された落合秘史に、重要な役目を負った大谷光瑞が登場しています。

そして、本願寺といえば、2年前に訪れた、西本願寺と京都東急ホテルに挟まれた場所にあった、堀川御所も思い出しました。

> http://dostoev.exblog.jp/i229

この記事に出てくる『円空と瀬織津姫』、未だ目を通したことはありませんが、前々から気になっていた本です。この機会に取り寄せてみようかな…。

ともあれ、ひろみさんが生まれる前にひろみさんのご両親が居られる。そのご両親にそれぞれ四組のご両親のご両親が居られる。そのご両親のご両親にも…。このように考えると、ある地点では尊い血も流れていることも間違いなく、また亀さんとひろみさんのケースを例に挙げれば、遙かに時代を遡って、ン代前あるいは十何代前は遠祖を一にしていたはずです。

それ以前に、この広大な宇宙の片隅とも云えるド田舎にある銀河系、そのさらに端っこにある太陽という恒星を回る地球という惑星で、この“今”という同じ瞬間に同じ惑星の空気を吸っている…。これは一見、奇跡のように感じられますが、実は神計らいなのだと思います。
[2014/02/16 07:50] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/526-7d5920cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)