プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
赤ダルマと赤っ恥
亀さんのツイッターや別のブログには、ダルマの写真が載っているのを知っている人は多いと思うけど、あれは15年ほど前、着物に家紋を入れるのを生業としている叔父がダルマを彫り、亀さんがダルマをネットで販売しようと思って撮った写真なんだ。売れたかって? 売れたよ、1個だけだったけどね…。その当時、ダルマを販売するんだから少しはダルマの由来を知っておこうと思い、手にした本の一冊が『ダルマの民俗学』(吉野裕子著 岩波新書)という本だったんだ。今、陰陽道について多角的に調べていることもあり、同書を久しぶりにサーッと再読したんだが,改めて吉野先生の凄さを知ったなぁ…。なぜ、ダルマは赤いのかという、今まで疑問にも思わなかったことも、吉野先生の五行の〝火〟と絡めた説明を読み、ナルホドと納得した次第。

13022202.jpg

ところで、仕事を終えた昨夕、日本酒を飲みながら何気なく同書の「六十花甲子表」を眺めているうちに、自分でとんでもない勘違いをしているのに気づいたんだ。それは以下の行…

----
十干十二支の組み合わせは甲子にはじまって、癸亥に終わるが、この組み合わせを「六十花甲子」と呼び、生まれてから六十年を経て、生年の干支を迎えるのを還暦とする。

六十の文字の組み合わせを一巡することは、一つの人生を生き切ったことを意味し、新たに次の人生に誕生するというわけで、赤児と同様に赤い頭巾、現代では赤いジャケットなどが祝い品として送られるのである。
『ダルマの民俗学』(p.13)
----
13022201.jpg

亀さんは還暦というのは60歳で祝うものだとばかり思っていたんだが、そうではなくて61歳に達した時に祝う儀礼だった…。まいったなぁ…。とんだ赤っ恥をかいたょ。今度、『みち』の藤原(源太郎)さんと顔を合わせたら、「トンビがタカを生んだなぁ~」に加えて、「おぃ、還暦だろ、祝ってやろぉかぁ~」と言われそうだなァ。藤原さん、赤ジャケットは来年でエーからね…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/52-c39e3cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)