プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
中国が武力侵攻を開始する日
行政調査新聞の1月の記事が掲載された。「中国が武力侵攻を開始する日」と、先月に引き続き中国がテーマである。

1月6日、香港の『文匯報』紙が「中国が近隣諸国と戦争する」という、衝撃的な記事を掲載した。同紙は中国軍の意向を代弁している新聞紙であり、今回の記事も中国軍の〝本音〟を暗に仄めかしていると思って間違いなさそうだ。具体的な記事内容は行政調査新聞を参照してもらうとして、アメリカの国防総省が中国の〝脅威〟を必要としていることを、日本の公安と極左との関係に喩えているあたり、流石は行政調査新聞である。

また、以下の記事にもあるように、「刀の柄に手を掛けて“抜くぞ、抜くぞ”と脅し続けている」というのが、まさに現在の中国軍の姿という点も同感である。

仮に日本の自衛隊と短時間の局地戦を行ったとしても、おそらく瞬時に決着がついてしまうだろう。もちろん中国には核ミサイルがあり、本格的な全面戦争にでもなったら日本に勝ち目はないが、中国が核戦争を開始する可能性は限りなくゼロに近い。つまり中国軍は、刀の柄に手を掛けて「抜くぞ、抜くぞ」と脅し続けるしかないのだ。


ただ、同記事で一点だけ腑に落ちなかった行がある。

年末に安倍首相が靖国を参拝し、中国・韓国が滅茶苦茶な非難を行った。米国も駐日大使を通してやんわりと安倍の靖国参拝を批判したともとれる声明を出しているが、これをマスコミ報道通りに受け取るべきではない。当たり前の話だが、安倍は靖国に参拝することを事前に米政府に伝えていた。


確かに、中国を刺激することで日中間の緊張感がさらに高まり、アメリカの戦争屋は大喜びしたことだろう。ただ、アメリカには反戦争屋も存在しているのであり、その代表格がオバマ大統領だ。また、オバマの流れを汲むケネディ大使も、文字通り安倍首相の行為に「失望している」のだが、そのあたりにも筆を進めて欲しかったように思う。

追伸
現在、本業(翻訳)が多忙なため、従来のペースでブログを更新できるのは、2月5日以降になる見込みです。

14011401.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/503-fc970882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)