プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
佐藤優の教育論
先週上京したおり、立ち寄った本屋で佐藤優氏の著した『同志社大学神学部』(光文社)を手にとってみた。帰宅後、アマゾンで確認すると、同書の前書きの一部が紹介されていた。

----
私にとって同志社大学神学部は、小宇宙だった。神学部と大学院の6年間で経験したことの中に、その後の人生でわたしが経験することになる出来事の原型が、文字通りすべて埋め込まれていた。書物だけから神学を学ぶことはできない。また、教会に通い信者として生活すると神学の勉強は、まったく位相を異にする。同時に純粋な学問としての神学も存在しない。虚学であるが故に、危機的な状況で人間の役に立つ神学という不思議な知を、わたしは、同志社大学神学部で、全人格を賭して教育に従事するすぐれた神学教師たちと、他者を自己よりも大切にする友人たちから学んだ。現下の日本は危機的状況にある。この危機から脱するために、虚学である神学が役に立つと思いを込めて本書を上梓する。 (まえがきより)
----
130219.jpg

佐藤氏は「太平記を読み解く」という勉強会を開催しており、現在は京都の大学に通う上の息子が高校生だった頃、何度か同勉強会に出席している。テキストが必須ということで、小学館の日本古典文学全集『太平記』を全巻揃えてやったことがある。佐藤氏の太平記の話もさることながら、佐藤氏をはじめとする勉強会に出席した人生の先輩たちとの交流からも、息子は多くを学んだに違いない。その意味で、「学校以外の世界を体験させることも重要」と説く、以下の佐藤氏の対談記事は興味深い。
佐藤優の教育論「偏差値を追うと人格が歪む」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/47-0395890f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)