プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
張成沢の処刑
過日、「おばちゃんのジェラシー…?」という記事をアップした時、ふと思ったのは張成沢の身柄はどうなるのか、という点であった。そして、翌朝の12月13日のネットニュースで、張成沢の処刑を知った。

その後、さまざまな憶測が流れたが、北鮮関連のニュースについては、山浦嘉久さんと飯山一郎さんの右に出る者はいないということで、お二人の発言に注目してきた。

それにしてもさまざまな憶測が流れるものだ。たとえば、最初はまさかと思っていた、金正恩の李雪主(イ・ソルジュ)夫人と張成沢との“不適切な関係”については、昨日の追悼大会で姿を見せていることから疑惑が晴れたと云えよう。

13121805.jpg

また、中国と北朝鮮との間で戦争が勃発するといった憶測を流すメディアもあった。しかし、北鮮と国教を接する瀋陽軍区、ここは中国最強と言われているが、同軍区は以前から北京中央とはそりが合わず、中央政府の思い通りに動かない軍区という情報を知れば、中国と北鮮の間で戦争が起こるとは考えにくい。

そうしたなか、『文殊菩薩』で取り上げていた以下の記事に注目した。
張成沢はなぜ処刑されなければならなかったのかについての、筆者の想像

同記事には、「処刑の真の理由は、北朝鮮の最高指導者を狙った張成沢が、金日成の死の真相を暴露しようと試みた為」とある。詳しくは同記事を一読していただくとして、北鮮が旧日本軍の残置国家であり、かつ金王朝建国の途上ということを考えれば、俄には納得しかねる話である。このあたりは、近く北鮮情報に詳しい識者と直に会い、確認してみたいと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/466-6c2d3b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)