プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
八月の鯨
一週間ほど前に「和製“八月の鯨”」という記事を書いた。東京新聞に載った浅丘ルリ子のインタビュー記事で、浅丘が「八月の鯨」を高く評価しているのを知り、早速取り寄せたのである。本来は仕事の締め切りが来月上旬だったので、直ぐには鑑賞できないと思っていたが、幸い順調に仕事が捗ったお陰で意外と早く自由な時間を持つことができた。尤も、今晩あたりアメリカから別の仕事が入る予定なので、半日ほど空いた自由な時間を利用して、急ぎ「八月の鯨」を先ほど鑑賞したという次第である。

同映画の粗筋は、「過激な正論 ・ まっとうな暴論」というブログの記事「『八月の鯨』再見」を読んで戴くとして、この映画は正に大人の映画であると思う。70代を超えた両親を持つことで漸く分かりかけてくる映画であり、さらに自身が70代という人生の黄昏を迎える年代ともなれば、同映画の各シーンが我が事のように感じられるのではないだろうか。

以下は、「八月の鯨」で主演を努める姉妹で、左側の妹役がリリアン・ギッシュ(撮影時93歳)、右側で姉役を務めたのがベティ・デイビス(79歳)だ。

13112603.jpg
リリアン・ギッシュ(左)とベティ・デイビス(右)

浅丘ルリ子がインタビューで語っていたが、和製版『八月の鯨』を浅丘ルリ子と倍賞千恵子の二人で演じたら、どのような映画になるのかと思うと、想像するだけでワクワクする。無論、姉役に浅丘ルリ子、そして妹役が倍賞千恵子だ。その理由は、同映画を見てもらえればわかる。

13112601.jpg 13112602.jpg
リリアン・ギッシュ(左)とベティ・デイビス(右)

13112605.jpg 13112604.jpg
倍賞千恵子(左)と浅丘ルリ子(右)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/431-6a65f03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)