プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
山本太郎で思うこと
先月の場合、ブログにアップした記事数が他の月と比べて大幅に減った。本業(翻訳)の締め切りに追われていたこともあるが、実はもう一つの理由があった。それは、世の中が狂い出している現実が、今まで以上に明白になった月だったからだ。

それにしても、東日本大震災以降、日本の政体の凋落ぶりは凄まじい。そのあたりは、今月号の『月刊日本』の特集、「貧困大国ニッポンへの道」に目を通していただければ、亀さんの言わんとすることが分かっていただけると思う。

13110201.jpg

と、ここまで書きかけたところ、ブログ友のひろみ姐さんから一本のコメントが入った。内容は、「山本太郎氏の行動について、亀さんはどうお考えですか? 」というものだった。折角の姐さんからのリクエストなので、以下に簡単に愚見を述べておこう。

亀さんは、今回の山本太郎の行動を高く評価する。一方で大手マスコミの場合、「田中正造は議員を辞職してから直訴したが、山本太郎は議員のままで直訴するのはけしからん」などと、重箱の隅を楊子でほじくるような記事ばかり書いているが、「バカだねぇ~」と、寅さんの叔父であるおいちゃんと同じ台詞を吐きたくなる。過日、自衛隊について今東光の記事(記事)を紹介したが、それと全く同じ気持ちになった。

おめえみたいなバカがいるから、ますます日本が弱くなるんでね。自衛隊を、「保安隊」と言ったり「自衛隊」と言ってみたりしている政府が、そもそも意気地がないんだ。堂々と「国軍」と言ったらいいじゃねえか、国軍と。
和尚の自衛隊観 1


大手マスコミみたいなバカがいるから、ますます日本が駄目になるんでね。山本太郎を、「皇室の政治利用屋」と言ったり「請願法に抵触した議員」と言ってみたりしている政府が、そもそも意気地がないんだ。堂々と「平成の田中正造」と言ったらいいじゃねえか、田中正造と。
亀さん


今や、「皇室の政治利用」だの「請願法に抵触する」だのと騒いでいる場合ではなく、一刻も早く福島原発問題に取り組み、福島に住む人たち、殊に子どもたちを護れと、どうして大手マスコミは今回の山本太郎事件を〝利用〟して、政府に訴えないのか…。そもそも、新聞は世の木鐸(The newspaper leads the public opinion.)ではなかったのか…。
 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

わざわざ記事にしていただいて、ありがとうございます。
私は、この一報を、飯山さんの文殊菩薩の記事をfacebookに載せていて知りました。
見た瞬間、田中正造の生まれ変わりだ!って感じたんです。
その後、飯山さんが田中正造の記事を連続でアップされてて、やっぱりな・・・って感じです。

facebookで話題にしたら、目くじらを立てている人もいて、こんな風にコメントを返しました。
法治国家とはいっても、国家の根幹は国民です。国民がいなければ、国家自体が成り立ちません。
今、本当にしなくてはいけないことは、推進派と脱原発派が争うことではなく、現段階で危機を脱していない福島原発をどうにかすることなんだと思います。
原発で作業している方々の健康も心配ですし、周辺にまだ住んでいらっしゃる方々のそれぞれの事情があると思いますので、強制立ち退きさせたりは、できませんけれど、チェルノブイリのときには、強制立ち退きゾーンにあたる地域に住んでいらっしゃる方が多くいると聞きます。
苦しんでいる人々、つまりは同胞である日本人が辛い悲しい思いをしているのに、そうでない人たちは、無関心でいるわけにはいかないんじゃないか、と思うんです。
そういう思いが募って、山本議員は、あの行動をしたんじゃないかと思うと、私は、彼を責めることはできないです。むしろ、みんなでもっともっとサポートしていかなくてはいけないんじゃないか、って気がするのです。

山本太郎さん、マスコミの使い方を心得ていらっしゃいます。さすが、芸能人です。。。政府やマスコミが隠そうとしていることを、表沙汰にしちゃったんですから・・・。まぁ、相変わらず、論点がずれたところで、騒いでいるなぁ~って思いながら、見てますが、そういうことに気づいておかしいな、って思う人も今回また増えるんじゃないでしょうか・・・。

彼こそ、東北大震災後の天皇陛下のメッセージを体現してくれている人ですよね。。。
陛下も国会議員の中にやっと出てきたか!とお喜びになっているのでは・・・って気がしています。動画を見ていても、そういう雰囲気がありました。

7770
[2013/11/02 16:58] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/405-83c567be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)