プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
まほろば会 2673/10/19
まほろば会という、世界戦略情報誌『みち』の執筆者と読者の交流会が、定期的に毎月第三土曜日に東京で開催されている。その第三土曜日にあたる今月19日、亀さんは久しぶりに上京してまほろば会に出席、その時の様子をレポートにまとめ、関係者に私信で配布している。

今回、特に印象に残ったのが藤原源太郎さんの講話だったので、以下に報告書から一部抜粋する。

いずれ世界大恐慌は起きる。共産主義も資本主義も駄目だったので、今後は日本型の〝共同体〟社会が実現するのではないか? 

つまり、来る時代には日本人も自分の頭を使って、困難を乗り越えていかねばならず、これは戦後から70年近くにわたる対米従属の姿勢からの脱却を意味する。困難ではあるが日本人には新時代への適応能力があるものと信じる。ともあれ、日本古来の叡智を蘇らせることだ。日本人の魂は廃れていないのだ。


ここで亀さんが注目したのが、『月刊日本』11月号に載った「里山資本主義が日本社会を救う」(藻谷浩介)だ。里山資本主義の詳細は同誌を参照していただくか、『里山資本主義』を紐解いていただきたい。

13102201.jpg

亀さんが『月刊日本』11月号を読み進めながら脳裏に浮かんだのが、以下の光景だった。藻谷氏の里山資本主義論に共鳴する読者であれば、里山資本主義と「男はつらいよ」が繋がっているのに気付くはずだ。

13102202.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プーチンと柔道、再度の掲載、楽しませて頂きました。ありがとうございます。
亀さんの一連のプーチン記事を拝見して思うのは、やはりプーチン氏に宿っているのは「侠」であるという事。柔道の師匠のラフリン氏の中に宿っているのも「侠」。そして、この「侠」こそが、日本精神といわれているものの中で最も優れた精神態様なのであり、国籍も族種とも無縁にこの精神態様を有する者であれば全て日本的精神を宿した「侠(=ツラン)」であるのでしょう。
この世界では、無数の人間の無数の意識が錯綜し諸々の事象が生起している訳ですが、時代を超えて必ず存在してきたこの「侠」の精神で、明朗に清々しく生き抜ければと思います。
[2013/10/28 18:04] URL | tantan #mhoeQ8pk [ 編集 ]

侠のブログ
投稿有り難うございました。ここ数日は本業(翻訳)に追われ、ブログの更新どころではない日々が続いていましたが、昨日の月曜日のお昼頃から漸く時間が取れ、急ぎ近くの病院に長期入院中の実母を見舞いに行き、仕事や趣味関係の書籍や書類が散らかっていたので大急ぎで片付けました。しかし、昨夕から前々から予約の入っていた2件の仕事がメールで入り、また暫くは缶詰になりそうです。机には、読もうと思って購入しておいた本が1メートルほどの高さになりますが、当面は読むことができそうにありません。

最近、飯山一郎さんが『文殊菩薩(ブログ版)』の編集長だった人物と袂を分かつ行動に出ましたが、このあたりはtantanさんの仰せの〝侠〟の有無の違いが出たのだと思います。そうした〝侠〟ブログの一つが、「カレイドスコープ」というブログでしょう。
http://kaleido11.blog.fc2.com/

小生の場合、同氏の主張を全面的に認めているわけではありません。しかし、「人命に関わるブログは無料で公開」すると、数ヶ月前に有料メルマガを始めた時に宣言した同ブログのオーナー、その後は確かに福島原発関連の人の命を左右するニュースは、無料で一般読者に公開しているあたりに、ホンモノだと思いました。

さて、天童さんからメールがあり、次号の『みち』の依頼が来たので、今回はこれまでとします。
[2013/10/29 04:51] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


お忙しい中、コメントへのご返信を頂きありがとうございました。

プーチンと柔道2の記事へコメントさせて頂いたのですが、手違いで本記事へのコメント投稿となり、失礼致しました。ただ、ちょうど「まほろば会」と寅さんという侠が終結している記事への投稿となったため、勝手ながら違和感がないかな…なんて思っています。本記事の藻谷氏の「里山資本主義論」につきましては大変興味深く、是非拝読したいと思います。

飯山一郎氏は、まぎれも無く「侠」であると思いますし、人命的観点からの福島原発記事を発信されているご紹介のブログも侠的精神に立脚しているのでしょうね。いつの時代にも「侠」は存在しているのだなと思います。

ああ、大事な事を申し忘れておりました。
亀さんもまぎれも無く「侠」です。
それでは、また。
[2013/10/29 10:32] URL | tantan #mhoeQ8pk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/400-fac7fd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)