プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
和尚の自衛隊観 2
以下は、昨日と同じく『続極道辻説法』に載った今東光和尚の自衛隊観だ。ミグ25事件(昭和51年 1976年)と云っても若い人はピンと来ないと思うが、当時は米ソが冷戦状態にあった時代であり、1970年代はじめにヨーロッパを訪れる途中、一時だけ立ち寄ったソ連の重苦しい空気を肌で感じただけに、ソ連は大嫌いな国の一つであった。そのソ連の正体を知るには、角田儒郎氏の著した『日本の残光 大東亜戦争の意義と満洲帝国』(文明地政学協会)を一読されると良いだろう。同書は日本郵政グループの副会長を務められた稲村(公望)さんが、貴重な歴史的証言だということで立ち上がり、天童(竺丸)さんを中心に刊行した書籍である。少しだけだが、亀さんも校正のお手伝いをしている。

その後は小室直樹博士の予言が的中してソ連の崩壊に至り、ツランの流れを汲むプーチンが登場したのだが、この意味するところは大きい。

思えば、三年近く世界を放浪していた時分は、常に緊張を強いられる毎日であった。だから、久しぶりに祖国の土を踏んでからというもの、全く身の危険を感じることもなく過ごせるようになって、暫くは呆気にとられていたものだ。このあたりが、最近までの日本の良さでもあったのだが、その一方で平和ボケした日本人を大量に発生させてしまった。

☆☆自衛隊についての質問

和尚、自衛隊は必要ないのでは?

「自衛隊は憲法違反」とする、徳島のM・Kとオレも同じ意見だ。今度のミグ25の事件を見てもわかるように、日本の自衛隊の力は弱いのだ。その弱い自衛隊に使っている税金は莫大な額であり、それを強くするには我々の税金の額はもっとふえるであろう。そんな金を使うなら、今の日本、その金で、公害、老人福祉問題に使ってほしいものである。軍事力は相手がより良い物を作れば、またそれ以上のものを作らねば負けてしまう。そんなことではキリがないではないか、和尚よ!(愛知県岡崎市K)


そんなことしか考えられねえてめえは、亡国の民になってな、どっかの国の奴隷になるよりしょうがねえ。ミグ25が入ってきても気がつかないほど、日本の防衛力が弱いということはだね、要するに設備も悪ければ努力も足らねえってことだ。だからといって、あんなものに金を使うのは意義ないからやめろと言って、何にも無くなっちまったら、アジアのどんな小さな国から攻められても日本はもう防ぐことはできやしねえ。そうしたら、途端に占領されてだな、奴隷の境涯だよ。そんなバカなことを望んでるバカはないぜ。

日本だけが軍備もろくにしないでノホホンとして「私は戦争を放棄しました」と言えば、世界は「そりゃあ結構でございます次」と言うよ。

だけど、だんだん後進国が強くなったら、この国を欲しくなるんじゃねえか。日本の工業力、日本の知力、いろんな点から見たらこれくらい挺の出るほど欲しい国はない。アメリカにしても、ロシアにしても、中国にしても、日本の高度の工業や、文化、いろんな面で欲しいものだらけだ。先進国からみてもそうだから、まして後進国においてをや、だぜ。

その上、てめえみてえな低能ばかりがふえて軍事力を減らしたいだけ減らし、福祉にばかり金を注ぎこんで全く無防備状態になったら、ええ、女のコがよ、素裸でニューヨークの黒人街へ出たようなもんで、何されたって防ぎようがないよ。アッという間に強姦されて輪姦されて、ざまあみやがれってことになるんだ。この大馬鹿野郎!

それくれえのことぐらい、ちょっと考えてみりゃあバカだってわかりそうなもんじゃねえか。何もかも無防備だ、平和だなんて、そんなバカな夢みたいなこといつまでも考えているな、この糞ったれ野郎!

『続極道辻説法』p.143

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/392-f85b2832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)