プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 80

風の吹くまま、気の向くままよ。


昨日の東京新聞で佐藤利明氏が語っていたように、「男はつらいよ」で耳にすることの多い寅さんのことばだ。第31作「旅と女と寅次郎」でも、寅さんは京はるみ(都はるみ)という演歌歌手に、以下のように語っている。

京はるみ:寅さん、いつもこんな風に旅してんの?

寅さん:おぅ、風の吹くまま、気の向くまま、好きな所へ旅をしてんのよ。まぁ、銭になんねぇのは玉に瑕だけどな。

京はるみ:そんな人生もあんのね。あしたは何をするか、あすになんなきゃ決まらないなんて…。いいだろうな…


13100102.jpg

亀さんも国内海外合わせて5年近く放浪しているので、寅さんの云う「風の吹くまま、気の向くまま」は当たり前と思ってたけど、京はるみが「いいだろうな…」と羨ましがっているシーンを見て、「あれ、そんなもんかいな」と思った。

寅さんや亀さんだけではない、南米で知り合った本郷(七郎)さんは10年近く世界を放浪していた人で、後に亀さんの結婚式の仲人になってくれた人だ。その本郷さんがペルーの首都リマのある喫茶店で以下のように語ってくれたのを思い出す。

あの流れる雲のように、風任せの旅をしているのさ


考えてみれば、人生も旅そのものだよ…。

13100101.gif

13100102.gif
「娯楽映画の昭和」
人気シリーズで読み解く、昭和の日本人


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/381-5388b1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)