プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
人生は〝運〟だ
亀さんが毎週楽しみにしているのが、日経系ウェブに載る「乗り移り人生相談」というコラムだ。中でも、3日前にアップされた213号、「人生を決めるのは運と縁とセンスだ」という記事には深い共鳴を覚えた。同コラムで島地勝彦氏は以下のように語っている。

世の中には努力や勤勉ではどうしようもないことがいくらでもある。ある日、ただ道を歩いているだけで、上から落ちてきた植木鉢が頭を直撃し、あの世に行ってしまうかもしれない。それは努力で防げるものじゃない。その一方で、信じられないような幸運に恵まれる人間というのもいる。上官のちょっとした気まぐれでアッツ島への派遣が取りやめになって玉砕を免れ、電車に飛び込むも全身打撲で一命を取りとめ、運転していた車が踏切内で電車に衝突するも奇跡的に生き残り、今では90歳を越えてなお女をヒーヒー言わせている俺の師匠など、まさに強運のカタマリだ。


なかでも、「運だけが人生を決める」と心底信じていたのが、今東光同様に亀さんが敬愛するシバレンこと柴田錬三郎だった。

シバレンさんも強運に恵まれて生き残った人であり、運だけが人生を決めるという考えだった。何しろ戦争中、南方に派遣される途中、乗っていた船が攻撃を受けてバシー海峡に投げ出され、7時間にわたって漂流するという経験をしているからね。

 ようやく救助にやってきた日本の船も敵襲が怖いから、海に浮かぶ日本兵を金魚すくいのように、あっちでチョロ、こっちでチョロと掬ってそそくさと帰っていく。そこで助かるか助からないかを決めるのは、精神力でも生への執着心でもない。仲間が次々と「お母さん」と叫んで海に沈んでいく中、シバレンさんは何も考えず虚無になったと言っていた。そのシバレンさんが助かったのは単に運が良かったからとしか言いようがない。それだけの経験をすれば人生を決めるのは運であると考えるのは当然だろう。


亀さんも己れの人生を振り返ってみるに、幾度かあわやという場面に遭遇しているのに気付く。3年近く世界を放浪していた時を例に挙げれば、アメリカの深南部を旅してライフル銃を手にした老人に遭遇したり、よせばいいのにニューヨークのハーレムをブラブラして危険な体験をしたり、ヨセミテで山頂から真っ逆さまに落下しそうになったりといった体験をしている。なかでも、今思い出してもゾッとするのがニカラグアだ。

亀さんはマヤ文明ティカルの遺跡を訪れるため、パナマから飛行機でニカラグアの首都マナグアに飛んだ。到着した日はマナグアに一泊、翌朝はバスでマヤ遺跡で有名なティカルを目指して発ったのだが、その数日後の1972年12月23日、マナグアで巨大地震が発生、街の90%が崩壊、19,120人が亡くなったというニュースを、ニューヨークで実家からの手紙で知った。亀さんが19,120人の中に入っているのではと、たいそう心配していたという。

ところで、亀さんが高校生の時は二輪免許は自由に取れたし、オートバイを乗り回していたクラスメートも多かった。そのうちの一人は卒業寸前、バイクで踏切を渡ろうとしたところを電車に撥ねられ即死している。また、別の同窓生も国道299でオードバイを飛ばしすぎて転倒、やはり即死している。

思い出せば、亀さんも交通事故であわやという場面が幾度かあった。

小学校三年生の時、狭い路地から左右を確認せずに急に自転車で飛び出したため、目の前で大型ダンプカーが急ブレーキを掛け、ギリギリで停まってくれたことがある。運転手が顔を出して、拳を振り回して「馬鹿野郎」と叫んでいたのを思い出す。

高校生だった冬のある時、仲間と奥多摩へツーリングに行った時のことだ。その帰り道、トンネル内で氷に乗ってしまい転倒、直ぐ後ろを走っていた車が転倒したバイクの上に乗っかかるような形で急停車した。運良く、亀さんは反対車線に投げ出されたため助かった。尤も、もし反対車線から車が来ていたらアウトだったのだが…。

地元の悪友とサイパンに遊びに行った時もそうだった。連中とレンタカーで島内を観光した時のことだった。車が一台しか走れない道幅の狭い道路を亀さんが運転していたんだが、両側が背丈2メートルを超えるサトウキビ畑だったため、前方しか見えない…。そんな道をドライブしていた時だ。急に左右が開けたと思ったら、再び左右がサトウキビの〝壁〟の道に戻った…。

13072101.jpg

何が起きたかと言うと、前しか見えない道だったため、まさか広い道が交差しているとは夢にも思わず、アクセルを踏んだまま広い道を横断してしまったわけだ。もし、広い方の道を車が通過していたら、大事故になっていたところだった…。

手許に、東明社の吉田寅二社長からいただいた『運命の研究』(武市雄図馬著)という本がある。今までに幾度か紐解いたことがある本なのだが、未だに最後まで読み通したことはない。何時の日か、同書を最初のページから紐解きつつ、運命について熟考してみたいと思う亀さんであった。

13092901.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント
おぉ~!
亀さんも、強運の持ち主なんですねぇ~!
私も、今まで、命を落としていてもおかしくない事故および事故未遂を2回しています。
どちらも、幸運にも、事なきを得ました。

阪神大震災も、その数年前まで、大被害地区に住んでいたし、実家は震源に近いので、地球の歴史レベルで考えたら、間一髪セーフって感じだと思っています。
両親はこれまた、幸運なことに、旅行中で自宅にいませんでしたから、事なきを得ました。
もしも、いつものように寝ていたら・・・和ダンスの直撃にあっていたことでしょう。。。

「死」を間近に意識してから、生き方が変わりました。
大学4年での方向転換も大きかったですが、やはり、阪神大震災によって、スペインへ引っ越すことを決めたのですから、運命が大きく変わったきっかけになりました。。。
人生「0」からのやり直しみたいな感じでしたから。。。(今も継続中です・・・)



[2013/09/29 19:14] URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

だから、人生は冥土までの暇潰しなのです…
なるほど、ひろみさんも間一髪という体験をしていたのですか…。

「人生は運がすべてだ」とは、シバレンこと柴田錬三郎の言葉ですが、機会があれば、シバレンのことも拙ブログ書きたいと思っています。今東光のことをシバレンは「親父」と呼んでいました。その今東光の憲法論なども機会を見て書きたいと思っています。よろしく!
[2013/09/30 04:10] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


亀さん 
こんばんは
 それにしてもMの亀さんは私の想像を超える行動を
していますね~
 あの学校では恐らく1,2を争う破天荒な歩みですわ。
生死の境をあちら側に行かずにこっち側で...
運があったということでしょう。

私も2度ありました。
 一度は幼い時に名栗川で深みにはまり、危ないところでした。
二度目はパラグライダーでランディング近くで失速し地面へ
真っ逆さま...偶然お茶の木に...
それがクッションで打撲で済みましたが
20mほどから失速落下時は棺桶か病院のベッドかと一瞬脳裏に...
 まだ神に見捨てられずに歩いてますわ。
[2013/10/01 21:31] URL | 奥武蔵の山人 #- [ 編集 ]

未だあった…
山人さん、おはようございます。

本文をアップした後、何となくすっきりしない思いをしていました。それは他にもあわやという体験があったはずなのに、思い出せなかったからです。しかし、山人さんの「溺れる」という書き込みを読み、高校時代の部活(合気道)の合宿があった、勝浦での出来事を思い出すことができました。自由時間に独りで遠泳したまでは良かったのですが、ふと気付いて振り返ってみると、浜辺は遙か彼方…。泳ぎ疲れたと云っても休むわけにはいかない…。もう必死でした。ユータンしてどうにか浜辺まで泳ぎ切り、そのまま宿に戻ってバッタンキュー…。後で先輩達に「1年生のくせに、無断で宿に戻るとは何事か!」と叱られました ^^;

最近、倍賞千恵子さんの『お兄ちゃん』という本を読みましたが、南の島の海で泳いでいた日の夜、同じ場所から大型のサメが沢山泳いでいるのを見て、怖くなったと書いてありましたが、亀さんもガラパゴスで同じような体験をしました。昼間泳いでいた同じ海の上で、夜になって船員さんに勧められるままに糸を垂らしたところ、釣れるわ釣れるわ大量のサメ…。尤も釣れるていどですから、1~2メートルていどの小型のサメでしたが…

あと、ヨセミテ以外にも、国内の山で2回ほどあわやという出来事がありました。奥多摩でロッククライミングの練習をしていたところ、30メートルほどの山の上から直径2メートルはあろうと思われる岩が、ゴロッゴロッ、ゴローッと落下してきたことがあります。そして、小生の脇をすれすれに下に落下していきました。

また、丹沢の沢登りをした時、ある地点では幅が30センチほどの細い岩の道を、懸命に岩に摑まりながら5~6メートル渡ったことがあります。まぁ、それが沢登りの醍醐味と云えば醍醐味なのですが…。足を滑らせたら命はなかったなぁ…。今と違って、当時はヘルメットを被ったりなどと、メンドーなことはやっていませんでしたし…。

それでも命を落とすことなく今日まで生きているということは、神仏が山人さんや亀さんを、未だ死なせてはならぬと考えているんでしょうね。

あっ、南米のマチュピチュからリマへ飛行機で行った時、オンボロの小型機でもう少しで墜落しそうになったのも思い出した…。きりがないので、この辺で…
[2013/10/02 06:30] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


なんと!!
そりゃあ 運の強い方だ

1、2を争う... 訂正ですよ
限り無くダントツで1位でしょう
それも
2,3は遥かかなたで
[2013/10/02 12:49] URL | 奥武蔵の山人 #- [ 編集 ]

人生は暇潰し
アレ…、誰もが生涯に10~20回前後は、ヒヤリとした体験をしているのではと思いますが…。99回ヒヤリとすれば、百回目はアウトかも…。

まぁ、人生は冥土までの暇潰しちゅうことでいきましょうや(笑)。
[2013/10/02 19:39] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

東明社 吉田寅二社長
吉田社長は御存命なのでしょうか?

易と漢方の関係について是非伺いたいのですが……
[2013/10/04 15:18] URL | 漢方学生 #JucSPH.s [ 編集 ]

吉田社長と漢方
誠に残念ながら、吉田社長は2008年7月に逝去されています。

生前、10回以上は東明社を訪問し、吉田社長から多くの教えを受けました。或日、吉田社長から同社が出版した本を一冊ずついただき、東明社のホームページを作成したことがありましたが、今では懐かしい想い出です。

なお、同社の漢方薬関連の本は未だアマゾンなどで古本で入手出来るはずです。

今後ともよろしくお願いいたします。
[2013/10/05 04:47] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

御教示頂き
御教示頂き誠に有り難う御座います。

吉田社長が師事していたという剣持勇師の漢方に心ひかれるものです。

今後とも学んでいこうと思います。

社長の御冥福をお祈りいたします
[2013/11/15 14:58] URL | 漢方学生 #0MXAa2aA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/378-e00cfc8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)