プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 73

東京でもって迷子になったらな、葛飾の、柴又の、とらやってダンゴ屋を尋ねて行きな。


第7作「奮闘篇」からだ。この榊原るみがマドンナとして登場する第7作こそ、亀さんが十代の頃に厳島で見た初めての「男はつらいよ」だった。その意味で、最も思い出に残る作品のはずなのだが、残念ながらン十年前に一度見たっきりなので、数ヶ月前に〝久しぶり〟にDVDで見たときは、初めて見る映画のような気がしてならなかったし、今でも厳島で見たのは第7作だったのかなぁ…と考えてしまうのだ。時期的にも厳島で見たのは第7作で間違いないのだが…。ホント、自分の頭の悪さ、記憶力の無さが嫌になる(爆)。

さて、佐藤利明氏のことばを借りれば、寅さんは「心優しき人です。困っている人がいたら、黙ってはいられません。とにかく行動の人です」なのだ。そのあたりは冒頭の寅さんのことばにも如実に顕れている。最近、「旅と女と寅次郎」を見たんだが、京はるみ(都はるみ)と別れる時、寅さんは同じようなことばをかけていた。それに対して京はるみは、「うん、きっとそうする」と答えて寅さんと別れたのだった。その後、京はるみが突然柴又の「とらや」に現れ、てんやわんやの大騒ぎになったのだが…。

13091905.jpg

ところで、講談社から『寅さんDVDマガジン』というのが出ている。「昭和の柴又商店街」というサイトで、全50巻まとめて販売しているのを知ったので、この機会に「男はつらいよ」を全巻見てみようと思い、今月初旬に発注したところ昨日届いた。今日あたりからゆっくり全巻鑑賞したいと思っていたが、タイミング悪く再び大量の仕事(翻訳)が入ってしまい、当面はお預けだ(泣)。目の前に綺麗なお姉さんがいても我慢できるけど、「男はつらいよ」は我慢できそうにねえなぁ…、ホント、男はつらいよなぁ…(爆)。

13091906.jpg

13091904.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/370-de288f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)