プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
池上彰のシリア観
時事解説者としてテレビで引っ張りだこの池上彰氏であるが、亀さんは同氏の報道番組をまともに見たことがない。そこで、池上彰氏の人物を確認する意味で、昨夜20時、テレビ東京の「池上彰の緊急報道スペシャル 中東情勢緊迫化」を見てみた。

13090901.jpg

で、見終わった感想はと言えば、なるほど池上氏というのは物知りで、豊富な知識を披露してくれるものの、如何せん本質を見抜く力はゼロに近いということがよく分かった。同番組は日経系という限界があったにせよ、番組で語っていた以上のことを池上氏か見抜いているとは到底思えなかった。

シリア情勢を見抜く最大のポイントが、今のアメリカを真っ二つに分裂している〝内戦〟である(池上氏はアメリカ国内の〝内戦〟について、一切言及していなかった)。〝内戦〟について亀さんに5年前に教えてくれたのが、世界戦略情報誌『みち』の藤原源太郎さんだ。源太郎さんは民族派ジャーナリストとして、同誌に貴重な情報を提供している。
深層潮流

殊に、以下はアメリカの〝内戦〟について言及した記事である。
深刻な米国社会分裂への一考察

その源太郎さんと同様のアメリカ観を持つ人物に飯山(一郎)さんがいる。以下の記事は飯山さんのアメリカ観を良く表している記事だ。
いま、アメリカは「内乱」で国内が分裂状態

アメリカの〝内戦〟とは、要するに戦争派vs.平和派の対立であり、それがシリア内戦にも色濃く反映されているというわけだ。戦争派にイスラエル、アメリカ(ネオコン)、フランス、アルカイダが一派を成し、一方で平和派の筆頭にロシアのプーチン、そして〝同志〟のオバマがいる。

その飯山さんのプーチン観とオバマ観であるが、他のブロガーを確認してみた限り、プーチンについては飯山説を支持している人たちが多いものの、オバマについては意見が分かれているのが面白いところだ。たとえば、「陽光堂主人の読書日記」というブログでは、以下のようなオバマ観を披露している。

日経の記者も中々苦労して書いています。アサド政権が化学兵器を使用したと断定しているのですから、オバマはさっさと軍事介入すればよいのに、今回は議会の判断を仰ぐそうですから笑えます。後で自分だけ恥をかかないように、責任回避しようとしているのです。
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1075.html


このあたりのオバマ観の違いについては、今月あたり源太郎さんに会うので、源太郎さんのオバマ観をじっくり聞いてみたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/357-448c70ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)