プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 62

いい女だなぁ。この女を俺は大事にしてぇ、そう思うだろ。それが愛ってもんじにゃないか。


佐藤利明氏の記事によれば、第36作「柴又より愛をこめて」からだそうだ。本当に寅さんは、女性に対する気配りが細かい、ちゅうか惚れやすい渡世人だなぁ…(笑)。第36作に登場し、やはり寅さんに恋の悩みの相談に乗ってもらったという、タコ社長の娘のあけみ(美保純)のことばではないか、ホント、「どうして寅さんに、お嫁さん来ないんだろう?」と亀さんも思う…。

13090303.jpg

亀さんも「いい女だなぁ」と思った女性は今までに何人も居る(笑)。今日は沢山ある亀さんの思い出の中から、一つ…。

亀さんが高校生の時は文通というのが流行っていたんだ。流行の尻馬に乗りやすい亀さんだったので、最初は日本の同じ女子高校生の幾人かと文通を始めた。ちなみに、亀さんの行っていた高校は男子校で、無粋な野郎ばかりだったもんで面白くも何ともない…。だから、文化祭の時は他校の女子高校生が大勢来校するもんで、どの野郎も目の色が違っていたなぁ…(爆)。

やがて、海外文通にも関心が向くようになった亀さん、初めての文通相手がスウェーデン人の同い年の女の子だった。写真も数葉送ってもらっているけど、、う~ん、実に可愛い娘だった。「お人形さんみたい」という形容がピッタシの女の子だったよ。だから、一所懸命に下手な英語で手紙をせっせと書いたものさ…、あれが亀さんが英語のライティングが上達したきっかけだったし、今日の仕事(翻訳)に生きているんだから、人生何が幸いするか分かんねぇもんだ。

その後、十代後半に日本を飛び出し、モスクワ経由でコペンハーゲンに飛んだんだ。直ぐに彼女に会いに行かずに、最初は英語の通じるロンドンに行き、そこでバイトして旅行資金を稼いだら、数ヶ月ヨーロッパを回る途中でストックホルムに寄り、彼女に会うつもりでいた。

ところが、ロンドンでは英会話学校に通いながら、イタリア系のレストランで皿洗いのバイトをしていたんだが、そこは中南米を中心に世界各国の若者が大勢居た。その中に亀さんよりも2歳年上の綺麗なアルゼンチンのお姉さんがいて、亀さんはそのお姉さんが好きになったんだ。忙しい昼の時間帯がすぎると、堂々と店のテーブルに座り、彼女と楽しいお喋りを延々と続けたもんだよ。そんなもんで、お姉さんの国・アルゼンチンに行ってみたいという気持ちが強くなり、ロンドンからブラジルのリオに飛んだというわけさ…。中南米を一周したら、アメリカで稼ぎ、再びヨーロッパに舞い戻ってスウェーデンの女の子に会うつもりでいたんだが、結局アメリカ生活が長くなりすぎ(2年)、ヨーロッパは断念した。

件のスウェーデンの女の子なんだが、当時の彼女の手紙が残っているはずなので、仕事で暇になったら探し出し、ン十年ぶりに手紙を送ってみようかと思っている。ちなみに、アルゼンチンのお姉さんとは今でも交流が続いており、彼女はカトリックなもんだから、下の娘のゴッドファーザー(義父のようなもん)に亀さんを指名してくれたんだ。2~3年後の話になるが、上の息子が大学を終えて社会に出たら、お姉さんやその子供たちに会いに行きたいと思っている。互いに連絡が取れるようだったら、スウェーデンの〝元〟女の子とも会ってみたいと思っているんだが…。

13090301.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

亀さん 
こんばんは

確かにね MとかEの学校はそうでしたね。
>亀さんも「いい女だなぁ」と思った女性は今までに何人も居る。。。
それは素晴らしいです。
 それで
ここだけの話ですが、
近くの化粧品の会社や精密機器の会社の
おねいさん達の中に可愛くって綺麗な人がいましたね

それにしても亀さんの場合は海外まで行って
でもモテモテとは羨ましい限りですわ
[2013/09/05 22:10] URL | 奥武蔵の山人 #- [ 編集 ]

八十代の同い年の息子…
山人さん、

> でもモテモテとは羨ましい限りですわ

それは誤解でせ、寅さんと同じで惚れた回数は多いんですが、失恋した回数も寅さん並でした(大爆)。

> 近くの化粧品の会社や精密機器の会社

…に綺麗なお姉さんがいたということ、当時のS高の連中は亀さんも含め全員、〝亀さんの頭〟と中味が同じでしたね。

敬愛する今東光和尚が言っていましたが、川端康成だの大宅壮一だのといった大物も、四十代の頃から「立たねぇ~、ゝ」と、自分と同い年の息子を眺めながら、ため息をついていたそうです。その点、和尚の同い年の息子は八十代になっても〝お元気〟だったようで、ビフテキもぺろりと平らげていたほどでした。我々も八十代の和尚に、負けるわけにはいきませんぜ。
[2013/09/06 03:22] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/351-31f8d553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)