プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
証言 陸軍中野学校 9
『証言 陸軍中野学校』の「証言4 中野学校の教科書」を読む。当時は課程修了時に教材資料を全て回収していたので、今までは幻とされていた中野学校の教材資料であるが、その教材資料を保管していた人物がいた。著者の斎藤充功氏に教材資料を見せてくれたのは、陸軍中野学校八丙の卒業生・斎藤津平氏である。同氏から斎藤充功氏が見せてもらった教材資料は9点で、表題は以下の通りとある(積み上げると、10cmの高さ)。

『国体学』
『謀略』
『宣伝』
『諜報』
『偵諜』
『人に対する薬物致死量訓』
『伝染病と灸法』
『重慶政権ノ政治』
『経済動向観察』

同資料に目を通した斎藤充功氏の評価は、〝現代の情報戦にも通じる謀略の本質を衝いていて、当時の中野学校が「見えない戦争(Unseen War)」についていかに実践向きに教育したのか、この教材は教えてくれる〟というものであった。情報戦争について詳しく知りたい読者は、佐藤優らのインテリジェンス関連の書籍に当たると良いだろう。

余談ながら、課外授業として忍術もあったという。忍術で思い出すのが、吉宗公のお庭番、あるいは東京皇室の皇統奉公衆である。そのあたりは、落合莞爾著『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』に、簡単な説明文が載っているので以下に引用しておく。

 皇統奉公衆には真贋の二種類があり、「真」はアマテルを拝する大峰山系修験で、「贋」はスサノヲを拝する大江山系霊媒衆だそうです。

 皇統奉公衆とは、室町時代に出来た伏見殿配下の各種の特殊技能集団で、高等忍者ですが、その一部は、室町時代からオランダを拠点として海外活動していて、毎年数人の奉公衆がライデン大学に派遣されて西洋学術を学んでいたようです。奉公衆の活動分野は西欧のみならず、当時全く無主の原野であったシベリアで砂金や貴重鉱物の採取をしており、日本に莫大な砂金を招来したと仄聞しています。

『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』p.102


そして、中野学校の課外授業で忍術を教えていたというのが、あの藤田西湖であったと言う。亀さんは同氏の著した『最後の忍者どろんろん』(新風舎文庫)を数年前に読んだことがあり、文章を通じてとはいえ、初めて忍者の世界を〝見て〟驚愕の連続だったのを今でも覚えている。残念ながら絶版だが、古本として未だ入手出来るようなので、関心のある読者は入手されるとよい。

13082406.jpg
         『最後の忍者どろんろん』


■ 追伸
斎藤充功氏が入手したという資料の中に、「軍事極秘」と印が押された公文書がある。斎藤充功氏より掲載を応諾して戴いたので、以下に画像をアップする。

13082501.gif

戦前、日本の陸海軍には軍機保護法が制定されていた。情報の重要度に応じ「軍機」、「軍機密」、「極秘」、「秘」、「部外秘」の五ランクに分けて軍事関連の情報を取り扱っていた。

筆者が中野関連で目にした公文書の中に、「軍事極秘」と印が押されたものがある。昭和一四年(一九三九年)八月九日の日付、件名は『後方勤務要員養成所乙種長期第一期学生教育終了ノ件報告』と記され、起案者は陸軍中野学校の前身『後方勤務要員養成所』所長秋草俊中佐。宛先は陸軍大臣板垣征四郎となっている。

この報告書は、同年七月一七日に九段の牛ヶ淵にあった愛国婦人会本部の宿舎を借り受けて開所した養成所に入校した第一期学生たちの教育内容を陸軍大臣に報告したもので、極めて貴重な公文書といえる。おそらく、陸軍省の資料綴りの中に保存されていたものだろうが、戦後まで所持していた人物の名はわかっりていない。この貴重な資料を提供してくれたのは、筆者が一〇年来追い続けている中野学校卒業生の一人で、神戸に住み今年九二歳になる「五丙」出身の五島晃(本人の希望で仮名とした)であった。

『証言 陸軍中野学校』p.63

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/339-1c08af0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)