プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
証言 陸軍中野学校 4
「証言16 小野田少尉と丸福金貨」を読んだ。陸軍中野学校出身の小野田寛郎は、フィリピンのルバング島で一体どのような任務を背負っていたのかと、今までに亀さんは多方面から推測を重ねてきた。そして今日では、「埋蔵財宝を死守する」あたりが、小野田の任務だったのではと思うに至っている。それを裏付けるかのように、実際に小野田にインタビューし、以下のような重大な〝ヒント〟を、斎藤氏は小野田から聞き出していたのだ。


小野田の「ルバング島の任務で話していないことがたくさんある」という一言に、筆者(斎藤)は身を乗り出してその先を促した。だが、同伴者が席に戻ってきたためその先の話を聞く機会を逃してしまった。(『証言 陸軍中野学校』p.181)


小野田少尉が死守していたと思われる埋蔵財宝だが、斎藤氏は大本営の情報参謀(中佐)であった堀栄三の自著『大本営参謀の情報戦記』(文春文庫)を紹介する形で、埋蔵した財宝とは「丸福金貨」だったのではと書いている。しかし、それではフィリピンに持ち込んだ同金貨は、たかだか30億円前後(※総重量780kgの金×取材時の金価格が地金1g・3900円で計算)に過ぎないということになる。

『天皇の金塊』(高橋五郎著  学習研究社)という本を読んだことがある。そこに書かれている内容については、皇室情報に詳しい栗原茂さんなどから聞き出した限りは、おそらくは眉唾物と思って良さそうだ。同様に、『Gold Warriors』(黄金の戦士)を著したシーグレーブの説く〝天皇の金塊〟も、さほど信憑性は高くはないことが斎藤氏による以下の指摘からも明白だ。

(『Gold Warriors』を著した)シーグレーブは小野田寛郎…竹田宮…ベン・ヴァレモレス…笹川良一…マルコス大統領の関係を「財宝」に結び付けて論じているが、決定的な誤りは小野田寛郎と竹田宮の接点を取り違えたことにある。(『証言 陸軍中野学校』p.188)


しかし、それでも〝天皇の金塊〟は確実に存在していた、否、存在していると、亀さんは思っている。そんな折り、ネットゲリラが以下のような興味深い記事を書いていた。

13080306.jpg
http://blog.shadowcity.jp/my/2013/07/post-3268.html

ここで、「朝鮮戦争で利益を得たのは日本だけ」という発言に注目されたい。亀さんも同じように今まで思ってきた、「何故日本だけが得をしたのか」と。ここで、情報源は明かせないが、「朝鮮戦争の資金は〝天皇の金塊〟であった」と、語ってくれたある人物がいる。そうしたことがあり、「朝鮮戦争で利益を得たのは日本だけ」と〝天皇の金塊〟とが、抵抗なく亀さんの頭の中では結びついたという次第だ。ちなみに、亀さんは旧ブログで『天皇財閥』という記事を書き、『天皇財閥』を著した吉田祐二氏は、〝裏天皇〟についての視点が欠落をしていると批判したが、一方で〝天皇家の財閥〟そのものについては、大変良くまとまった本だったと思う。

今回、〝天皇の金塊〟だの〝天皇財閥〟といったことを取り上げたが、俄には信じてもらえまい、このあたりは、機会があればさらに筆を進めてみたいと思う。


http://www.youtube.com/watch?v=ZcFbQbs-Cg0
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/305-9267f174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)