プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 25
昨夕の東京新聞に載った「寅さんのことば」(25)を読んだ。確かに、寅さんの「いよ、労働者諸君!」は名文句だ。また、タコ社長の工場で働く青年に、「たまには手紙を書けよ」という寅さん、まさに一所懸命に生きている青年への愛情溢れる言葉だと思う。

ここで思い出したのは、テレビドラマの「深夜食堂」で、新宿歌舞伎町で深夜から明け方まで営業している食堂を舞台に繰り広げられる、笑いあり涙ありの人生ドラマだ。その一連の物語の中に、伝説のAV男優エレクト大木の物語があったのだが、それが寅さんと青年の話で思い出させてくれた。

ある日、エレクト大木が深夜食堂でポテトサラダを食べていると、田中という若者が弟子入りを志願してくる。結局、弟子を取らない主義のエレクト大木が、若者の熱心さに折れた。別の日、深夜食堂で二人が食事をしていると、田中に故里から電話がかかってくる。傍らで話を聞いていたエレクト大木が、「どうした?」と尋ねる。田中は、「お袋が倒れたみたいで…、でも大したことはないんです」と答え、何事もなかったかのように食事を続けようとする田中にエレクト大木は、「帰ってやれ」と言う。田中が「いいえ、本当に大したことでは…」と答えた途端、「馬鹿野郎! AV撮影とお袋と、どっちが大切なんだ」とエレクト大木の雷が落ちる(左がエレクト大木、右が田中)。その後は意外な展開になるわけだが、ここでは割愛しよう。

13071301.jpg

「男はつらいよ」と「深夜食堂」の底に流れているものは、同じなんだと思うね。

13071202.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/274-7ec01830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)