プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
寅さんのことば 2
昨日、佐藤利明氏の「寅さんのことば」について書いたんだが、その中で「世の若い女性の皆さん、寅さんではないけど、亀さんでよければいつでも歓迎ですぜ」と、せっかく呼びかけたのに、一人も声をかけてくれなかった…。亀よりも寅の方がE-ちゅうわけか… ヽ(;Д;)ノ 

ところで、亀さんの仕事は翻訳なんだが、この仕事は寅さんのように片手にトランク、じゃなかったノートパソコン一台あれば、世界のどこでも仕事ができるっちゅうわけ。そのあたりも以下に書いたんで、関心のある読者は読んで欲しい。
フーテンの亀さん

昨日の東京新聞の夕刊に載った「寅さんのことば」(2)は、「男はつらいよ」の初期の作品について語っていたんだが、それで思い出したのが初めて亀さんが映画館で「男はつらいよ」を見たときだ。場所はナント安芸の宮島! 当時も今も埼玉県人の亀さんが、なんで広島で映画を見たかというと、当時は高校を出て地元の椿本チエインという会社に正規社員として入ったんだが、入社して1ヶ月間ほど本社のある大阪で研修があったわけさ。そこで、週末の休みを利用して安芸の宮島を訪ねたちゅうわけだ。そこで知り合った何処かの会社のあんちゃんと一緒に島内を回ったんだが、時間が余ったので映画でも見ようかということになった。それで「男はつらいよ」を見たわけさ。確か1971年春だったから、見たのは「男はつらいよ」第7作(1971年4月28日公開)の「奮闘篇」で、マドンナは榊原るみだったと思う。このように、寅さんは今でも亀さんの青春の一コマになっているんだ…。

13061201.jpg

13061201.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/222-ccb43ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)