fc2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
考える足 2
小生は三年前、「考える足」と題した記事を書いたことがある。エッ、「考える葦」の間違いじゃないのかって? イエイエこれで正しいんです - ( ̄^ ̄)キパッ

ところが最近、人間本来の「考える葦」を止めてしまった人たちが周囲で激増し、暗澹たる思いをすることが多い。ここで云う「考える足」とは、どのような人たちなのかと言うと、一言で謂えば〝テレビ信者〟のことを指す。つまり、テレビや新聞の言うこと書くことを鵜呑みにする、盲信している人たちのことである。そうした人たちを痛烈に批判していたのが以下の動画であった。


【国際情勢】"マスコミの嘘" 日本人が知らされていない事,知ったほうがいい事...(原口一博×石田和靖対談)@kharaguchi

23081601.jpg

原口一博氏と云えば、一度だけ掲示板「放知技」で言及したことがあるが、同氏はグローバリスト誌『月刊日本』に、寄稿していることが多いという印象が強く、あまり高く評価はしていなかった。しかし、コロナ接種したことによりガンを患い、生死を彷徨ったからなのだろう、最近はグローバリズムに反旗を翻すまでになった。

一方、対談相手の石田和靖氏は公言こそしていないが、イスラム教徒だろうと小生は睨んでいる。それは、同氏同様にイスラム教徒である、ブログ「中東TODAY」の佐々木良昭氏と、一時交流を持った時期があるからだ。

その石田氏、最近は実に興味深い動画を連発している。たとえば・・・


【アメリカ崩壊】今年の冬は恐ろしい事になる! 日本のマスコミが決して流さないアメリカの真実(マックス×石田和靖対談) @tokyomax

小生は3年間の世界放浪の旅を体験しているが、最も長く滞在していたのが米国の2年間であった。爾来、己れのアメリカでの原体験をもとに、米国の政治・経済・歴史・文化の多岐に亘る書籍に目を通したり、講演会などに足を運んだりした。中でも、最も強い影響を受けたのが、國弘正雄先生が著した米国史であった。例えば、『現代アメリカ英語』シリーズがある。

23081602.jpg

ちなみに、小生の米国滞在の想い出は、断片的にだが時折記事にしている。たとえば・・・
ウソ話で固めた昭和の歴史

最近のケースでは、単独で米国に渡り、勇気ある取材を敢行したフリー・ジャーナリスト、我那覇真子さんの一連の動画を思い出す。だから、上掲の動画を観てもスンナリと受け容れることができた。


教科書には書けないアメリカで起こる恐怖の文化革命〜前編〜|我那覇真子×小名木善行


教科書には書けないアメリカで起こる恐怖の文化革命〜後編〜|我那覇真子×小名木善行

翻って今の日本はどうかというと、岸田政権を眺めれば一目瞭然だろう。つまり、日本を閉塞感が覆い、若者は未来に夢も希望も見いだせないでいる。そうした閉塞感を打ち破る一つの方法として、一度祖国を外から眺めてみることを勧めたいのだ。これが、「日本脱藩のすすめ」シリーズを始めた所以である。ともあれ、今の日本の現状を正確に把握するには、岸田文雄その人を知ることが肝心である。以下の動画を参照のこと。


今、日本人にゼッタイに聞いてほしい対談!浜崎洋介さん

小生は岸田首相と違って、受験勉強をする気もなく、日本を飛び出して世界放浪の旅に出たが、古希を迎えた今、「よくぞ実行した」と自分自身を誉めたい。人生は一度きりなのだから・・・

【追補】

【名著】弓と禅|ヘリゲル 意欲を捨てれば、うまくいく。伝統武道に学ぶ「無心」の奥義とは?
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1988-84739d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)