FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
お家の事情
最近、65歳以上の高齢者が同居する家庭に市役所から、高齢者を対象にしたワクチン接種の案内が届いたことだろう。拙宅も65歳を超えた高齢者(小生のこと)が同居しているので、市役所から件の案内が届いたのだが、そのままゴミ箱行き・・・(笑) ちなみに、拙ブログの長年の読者である神戸のおばちゃんからも、そのまま案内をゴミ箱に捨てたというコメントをいただいている。

このワクチンとコロナウィルスを巡って興味深いやり取りが、掲示板「放知技」で展開されていたので紹介しておきたい。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/17289842/287-293/

これは、道友のsuyapさんとmespesadoさんとの間で交わされた、ワクチン接種と新型コロナについてのやりとりで、特に>>290でsuyapさんが書いた、今までのワクチン接種と新型コロナの経緯についての記述、大変分かりやすいと思うので以下に転載しておこう。

2003年、SARS-CoV-1で実験。致死率高すぎて陰謀失敗。

2009年、オバマ政権下でH1N1でプチパンデミック(予行演習+ワクチン儲け)。

以降、SARS-CoV-1をベースに弱毒化、スパイク蛋白質などの改編など「兵器化」の研究をファウチを中心として進める。

2014年、MARSでmRNAワクチンの基礎研究着手。

米国内でファウチのバイオ兵器研究が続行できなくなり、フランスや武漢の研究所に下請け。

2019年、8月PCR発明者不自然死。11月武漢でSARS-CoV-2漏洩。

2020年、遅くとも3月ころまでにトランプ政権は上記の実態を把握。民主党側全面否定。

2021年、3月...だんだん雲行きが怪しくなり...世界中で暴露記事流出...5月、ついにファウチ、米議会で武漢とのタイアップを認める。

それと同期して、イスラエル、米国などで、ワクチン接種を理由にした「患者数の激減」が報道され、市民の表情が明るくなる。言うまでもないことだけど、感染者数、患者数、新コロ死者数は、いくらでも「密かにいじられる」。

2021年、6月1日、中国、H10N3型ウイルスの鳥インフルエンザへの人感染を発表。
   ↑↑
  イマココ


また、suyapさんの以下の言葉も優れている。

以上のことを鑑みるに、「諸悪のオオモト」は人工物だからとか、自然物だからとかの理由ではなく、すべて彼らの「利益」に沿った筋書きを描いて事を進めているような噴霧器。ただし近年、その台本がどんどん粗雑化しているのも確か。


すべて彼らの「利益」に沿った筋書きを描いて事を進めている」とは、NWO(グローバリスト)にとっての第一目的が、「金儲け」であることをズバリ示した言葉だ。そして、金を儲けるための作戦(台本)が、近年〝粗雑化〟(劣化)してきたのも確かである。

このsuyapさんの言葉に付言するとすれば、彼らは単に金儲けのためだけにワクチンを推奨しているわけではなく、最終的にジョージ・オーウェル云うところの「1984」世界の実現が、もう一つの〝狙い〟であるということだ。

次に、NWOの〝お家の事情〟により、ここ二~三週間にかけて米国メディアの論調が、ガラリと変わったのに読者はお気づきのことだろう。そのあたりについては、及川幸久氏による以下の動画が詳しい。


2021.6.2 米メディア次々と陰謀論を修正??世界が中国関係の見直し

ワシントン・ポストが従来の新型コロナの自然発生説から、人工説に切り替える形で自ら過去記事を否定、新型コロナは武漢で人為的に作られ、世界に広まったものであると主張をガラリと変えたのである。そして、他の大手マスコミも右に倣えとばかりに、自然発生説から人工説に切り替えたのだが、そうした変化が何故起きたのかについて、読者は注意を向けるべきだ。

同動画で及川氏は〝変化〟の要因として、中国に対する世界の態度が変わったところにあると述べており、その点は小生も同意見だが、中共と米民主党は同じ穴の狢(下図)であることを思うに、こうした中共に対する態度の変化、どのように解釈すれば良いのか・・・。

21041801.jpg

個人的に思うに、習近平やファウチは用済みになった、ということなのだろうと考えているのだが、このあたりの最終的な結論を出すにあたっては、今後の推移を慎重に見守っていきたいと思っている。ただ、ここで言えることは、たとえ習近平が失脚したとしても、NWOにとっては打出の小槌的存在である、中共という体制は今後も生き延びていくだろうということだ。

ともあれ、ここ二~三週間に見る大手メディアの〝心変わり〟、これはNWOの何等かの〝お家の事情〟によるものと考えて、ほぼ間違いないだろう。

それから及川氏は、ネット界隈で話題となっている、「ワクチンがDNAを変える」という、噂の真偽についても以下の動画で言及している。


日本のメディアが語らない、パンデミックとワクチン接種。(及川幸久)【言論チャンネル】

印象に残ったシーンを以下に示しておこう。

21060302.jpg

写真の人物は米国のランド・ポール上院議員で、議員になる前は医者だった。自身は既に新型コロナウィルスに罹り、自然免疫を獲得したのでワクチンを打たないという、実に単純明快な意見を述べて話題になった議員である。ここで注目していただきたいのは、ワクチンよりも獲得した自然免疫の方が優れているとする同議員の発言だ。

もう一枚の印象に残るシーン・・・

21060301.jpg

ワクチンはヒトのDNAを変えるかどうかについて、様々な意見がネット界を飛び交っていると及川氏は語っているのだが、小生は数年あるいは数十年という、時間の経過を見てみないことには何とも言えないと思っている。かつ、熱心にワクチン接種を推奨している一人が、NWOの鉄砲玉であり、世界人口削減計画の主唱者でもある、ビル・ゲイツだという点に注意すべきだろう。

その他、新型コロナに関連して以下の及川幸久氏の動画にも注目しておこう。


2021.05.31【パンデミック】パンデミック人工説の決定的証拠がついに明かされる‼️英国とノルウェーの学者二人による論文に世界が大注目‼️【及川幸久


JP
2021.05.30【パンデミック】欧米諜報機関が武漢起源説確定か‼️ファウチに次ぐ武漢利権者ピーター・ダザック、巨大利権をもつイギリス男の正体は⁉️【及川幸

今回の記事に目を通した読者は、ウィルス=悪というネガティブな印象を受けたと思うが、小生はウィルスこそ人類の友とポジティブに考えているのだ。何故か? このあたりについては次稿で述べていこう。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1888-91f30548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)