FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
日本で活躍している外人タレントの一人に、サヘル・ローズさんというイラン人女性がいる。小生、彼女については以前から注目しており、彼女に関する記事も過去に数本書いてきた。たとえば…

施設で育った私
素顔のイラン


そのサヘルさんが、最近立て続けに二本の番組に登場していたのだが、両番組とも実に優れた内容であった。

砂浜に咲く薔薇(ばら)のように
イスラムに愛された日本人 知の巨人・井筒俊彦

19120100.jpg

どのような番組だったのかは、実際に観ていただくとして、今回は井筒俊彦に焦点を当てたい。何故か? それは、はぐらめいさんが自身のブログで、幾度か井筒俊彦について取り上げていたからだ。最近も井筒俊彦について、以下のような記事をアップしておられた。

100分de名著「善の研究 西田幾多郎」

19120105.jpg


特に印象に残ったのが、はぐらめいさんの以下の記述である。

若松英輔氏が三島由紀夫に惹かれることはない。井筒俊彦にしても、西田幾多郎にしても、「自己を垂直的に深める」ことが第一義であった。三島はといえば、ひたすら「知識の海」を泳いでいたように見えてしまう。


「自己を垂直的に深める」という言葉から、咄嗟に脳裏に浮かんだのが、小生が18歳の時に体験した座禅である。これは新入社員研修の一環として、禅宗のとある古刹で他の新入社員50名ほどと一緒に、同寺の宿坊で草鞋を脱いだ時のことである。それから半世紀の時間が経過、その間は一度も禅寺に足を運んだことはないが、考えようによっては、毎朝座禅を組んでいると云えなくもない。何故なら、毎朝実践しているハタヨガ、ハタヨガは身体のストレッチと世間では思われているが、実はヨガの始めと終わりのポーズは、ある意味、座禅と共通するものがあるのだ。

ともあれ、座禅とは無の境地、すなわち大悟徹底を目指す修行なのだが、井筒俊彦も子供時代、父親から厳しく座禅の修行をやらされていた。それが、後の「自己を垂直的に深める」という、井筒俊彦の生き様に繋がったと云えよう。

ところで、上掲の「イスラムに愛された日本人 知の巨人・井筒俊彦」を観つつ、己の人生を集大成する上で、井筒俊彦の哲学を採り入れることができるのではと、ふと思った。以下、己の人生を振り返るにあたり、是非に振り返ってみたい幾つかのテーマである。

■言語
19120107.jpg

小生が十代の頃だったと思うが、『20カ国語ペラペラ』(種田輝豊 実業之日本社)という本を入手、熱心に読んだ在りし日のことを思い出す。しかし、井筒俊彦の場合は20ヶ国語どころの話ではない。なんと、30ヶ国語以上をマスターしたのだという。

小生の場合、第一外国語は英語だが、それでも大した英語力には達しなかった上、肝心な母語である日本語ですら、未だに心もとない有様である。まさに、日暮れて道遠しとは、このことだ。

■宗教
19120102.jpg
井筒俊彦は、ギリシャや中東を含めた、様々な東洋の宗教や哲学に共通する構造を見出し、上次元の東洋哲学という一つのものにようと試みた

宗教は、その人が信条としているもの、その信条が生き様に反映されているものだ。どの宗教が、その人にとって心の宗教になるのかと云えば、やはり生まれ育った土地、そして母親の子守歌を聞きながら身につけた母語で決定する。たとえば、上掲の「イスラムに愛された日本人 知の巨人・井筒俊彦」に登場する、以下のシーンが如実にそのあたりを物語っているのだ。サヘルさんは8歳の時に来日しているのだが、この年齢は既に母語が確定した年齢だ。そのあたりは、以下のシーンを見て一瞬で分かったものである。

19120108.jpg
テヘランの街を見下ろす丘に腰を下ろしていたところ、どこからともなく聞こえてくるコーランに涙するサヘルさん

しかし、天童竺丸さんから一神教の正体について伝授された身として、東洋のみならず、さらには世界の統一という井筒俊彦の思想が、一神教をも飲み込むものだろうかと、ふと思った。このあたりについては、これから思索を重ねていくことで、今までに見たことのない光景が見えてくるのかもしれない…。

■人類
井筒俊彦は、東洋の諸哲学と西洋の諸哲学との間に横たわる、垣根を乗り越えようと試みていた。以下の写真は、当時一流の世界の哲学者が議論を戦わせているシーンである。

19120109.jpg
毎年スイスのマッジョーレ湖で開かれていた、神秘主義の国際学術シンポジウムであるエラノス会議において、熱い議論を戦わせる世界各国の哲学者たち。井筒俊彦も数年(1967年~1982年)にわたり参加していた

ここで、未だに世界で紛争が絶えないのは、一神教徒が中心のDS(Deep State)の存在が大きいと小生は思っている。

それでも、一神教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)を信仰する人たち、一方で多神教を信仰する人たちとの間には垣根はないと、直観的に思うのである。東洋の様々な宗教・哲学・思想だけに限定すれば、各々が共通してくるところは深層意識、すなわち心の一番深いところのはずで、そこに至って初めて得られる境地があるのではないだろうか。そして、それは禅の道にも繋がる。

ともあれ、サヘルさんのインタビューで、中沢新一が語っているように、「最終的にヒューマニズムを目指す」というのが、小生が余生において常に念頭に置きたいものなのだし、今生の世で目指していきたいものだ。

19120110.jpg
中沢新一

■無

以上、西田幾多郎や井筒俊彦といった先達の教えを受けつつ、今後は一層真剣に無の境地を目指したいと、改めて思った小生であるが、これは集団で行うものに非ず、独りでやるものであるのは言うまでもない。そのあたりが分かっていないのが、飯山陽女史だ。


つくづく、言葉は怖いものだと思った。飯山陽女史の『「誰にも認識できないものをオレだけが知っている」的研究』という言葉、同女史が西田幾多郎や井筒俊彦の云う無の世界に、無知であることを赤裸々に示す言葉になっているだけではなく、この二人の知の巨人には到底及ばぬ器であることが一目瞭然となっている。

ともあれ、はぐらめいさんに紹介していただいた、『100分de名著「善の研究 西田幾多郎」』にあった、若松英輔氏の書いた小節『「無心」の世界』(p.55~)、西田の「知意未分以前の統一」、あるいは鈴木大拙の「無心(霊性的直覚)」の域まで達するよう、今後は修行を積み、究極的には自他の「分別」が無くなるという境地に、あの世に行くまで到達したいものだと、心から思った。

19120101.jpg
鎌倉にある井筒俊彦の自宅で、写真に手を合わせるサヘルさん

19120114.jpg
遺影の横に供えられている皿に認められた「無」は、井筒俊彦自身の筆

19120103.jpg
自宅近くの井筒の墓で手を合わせるサヘルさん

19120104.jpg
座禅を組むサヘルさん

19120111.jpg
井筒俊彦の遺言1

19120112.jpg
井筒俊彦の遺言2

19120113.jpg
井筒俊彦の遺言3

19120106.jpg
井筒俊彦その人を理解する上で不可欠の書

関連記事
スポンサーサイト




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/12/11 08:40] | # [ 編集 ]

当方こそ、大変ご無沙汰…
当方こそ、大変ご無沙汰しております。それにしても、お互いに知り合って20年以上もの歳月が流れました。その後の小生は、ご存じのように藤原肇の脱藩道場の面々と袂を分かち、現在は放知技という、飯山一郎さん(故人)を慕う人たちが集う掲示板で主に活動しています。

それにしても、お互いに時期を同じうして井筒俊彦に関心を抱くとは、神計らいあるいはシンクロニシティを感じます。井筒俊彦については、以下のスレッドで取り上げていますので、一度アクセスしてみてください。
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16711142

それから、年に数回、「東京一郎会」という集いを小生が中心になって主催しています。ご都合のつく時に、一度顔を出していただければと思います。積もる話もあろうかと思いますので…

では再会を楽しみにしております。


亀さん拝
[2019/12/11 10:18] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/12/14 09:08] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1729-6cb09b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)