FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
天武天皇 07
■北燕
ツラン→ツングース→殷→箕子朝鮮→北魏→北燕→邪馬台国→馬韓→扶余→百済


19070300.jpeg
 北燕地理位置

北燕(ほくえん)は、中国の五胡十六国時代の王朝のひとつ(407年 - 436年)。

鮮卑化した漢人将軍馮跋が、後燕王の慕容熙を廃して建国した。首都は黄龍府すなわち龍城(遼寧省朝陽市)。主に遼西地方を領有した。南朝の宋からは「黄龍国」と呼ばれることもあった。

ウィキペディア 「北燕


「中国の五胡十六国時代の王朝のひとつ」とあるように、北燕は五胡十六国の一国だったのだが、それを統一したのが前回取り上げた北魏ということになる。ご参考までに、五胡十六国が一目で分かる年表があるので、以下に掲載しておこう。

19070301.jpg

4~5世紀、中国の華北に興亡した北方民族(五胡)の建てた国々。304年、劉淵の漢から439年、北魏による統一までの135年間の華北をいう。
 304年に匈奴の劉淵が漢(前趙)を建国してから、439年に北魏の太武帝が華北を統一するまでの、華北に興亡した五胡や漢民族の国々を総称して五胡十六国という。

世界史の窓「五胡十六国


さて、何故に「飯山史観」カテゴリに、わずか28年という短命で終わった北燕を取り上げるのか、そして北燕が百済、さらには日本に、どのような影響を及ぼしたのかについては、以下に示す飯山一郎さんのHP記事に目を通せばお分かりいただけよう。

それにしても、『北燕』という“流星国家”の輝きは、日本にとっては “国生みの灯”
…中略…

『北燕』の王家の娘 『北魏の馮太后』は シャーマン(霊媒)の秘密の扉(とびら)


◆2011/01/31(月) 金王朝の “深い深い謎” -65-


北燕と前回取り上げた北魏の深い結びつきが、これでお分かりいただけたはずだ。

以上、既にお気づきのように、今まで拙カテゴリ「飯山史観」に書き連ねてきた、殷から北燕までの流れは、飯山さんの「金王朝の “深い謎”」がベースになっている。それが、過去の拙ブログでも幾度か書いたように、「金王朝の “深い謎”」の熟読玩味をお勧めする所以である。そうすれば、6月30日に板門店で行われた、トランプ・金正恩首脳対談の背景が、仄かに見えてくるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
日本人にとって大切な参院選
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

2009年メディアの世論誘導により誕生した民主党政権について、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

そこから現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

メディアの偏向報道については、民主党系の不祥事には触れない傾向にあり、辻元氏筆頭に立憲民主党多数議員の支援組織で、反社会勢力である関西生コン事件において、すでに逮捕者が50人以上になった現在でも民主党関連の為かほとんど報道がありません。

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。
[2019/07/16 19:51] URL | ゆき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1710-99106750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)