プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
玉井さん、お久しぶり…
昨日、神奈川県大和市にある、「たまいらぼ出版」の玉井(禮一郎)社長宅を久しぶりに訪れてきた。御年80歳の玉井さん、至ってお元気そうであった。若い頃に住んでいたブラジルを再訪してみたいという話も飛び出したほどで、そのエネルギッシュさに圧倒されっぱなしだった。

13051307.jpg

しばらく互いの近状報告を交わした後、話の中心は落合秘史に移っていった。玉井さんは落合(莞爾)さん本人と電話で話をしたことがあるだけで、実際に顔を合わせたことはない。また、玉井さんはインターネットもやっていないので、たぶん玉井さんの知人か誰かが落合秘史シリーズ本を勧めたのかと思っていたら、新聞広告を見て知り、購入したのだという。『明治維新の極秘計画』と『南北朝こそ日本の機密』の2冊は読了、現在は『金融ワンワールド』が届くのを、首を長くして待っているとのことだった。

玉井さんに、「落合秘史シリーズを読んだことがあるか」と聞かれたので、「既に読みましたし、直接連絡を取って色々と教えていただいています」と答えると、驚いた様子だったので、3年前の夏に道友数名と落合宅を訪問、数日にわたり草鞋を脱いだ時のことを話したところ、興味深そうに耳を傾けてくれた。

玉井さんは柳井市の出であり、あの大室寅之祐の生家がある田布施町の隣だ。だから、鹿島(昇)秘史シリーズの影響もあり、田布施町で大室寅之祐についてのフィールドワークも自ら行っている。明治天皇が大室寅之祐であると信じている玉井さんは、やはり明治天皇=大室寅之祐説を説く落合秘史に関心を持ったとのことであり、玉井さん自身は落合秘史の方が真実に近いと思っているようだ。

13051303.jpg13051302.jpg

その後、話題は世界史全体に及んだので、鞄に入れてあった『ゆがめられた地球文明の歴史』(栗本慎一郎著 技術評論社)を取り出して見せたところ、興味深そうにページを捲り始めた。やがて、「読んでみよう」ということで、その場で馴染みの書店に電話を入れたのである。『金融ワンワールド』には天童(竺丸)さんのフェニキア・ユダヤ関連の本について言及しているので、天童さんの本を併読すると良いとも付け加えておいた。

13050607.jpg 13050604.jpg

13051306.jpg 13051304.jpg

やがて時間も経ったこともあり、次回はブラジル訪問に役立つ情報を仕入れてくることを約束し、家路についた。

帰宅してから『正統天皇と日蓮』(小野寺直著 いしずえ)を思い出した。以前、玉井さんは同書を強く批判していたからだ。同書は南北朝にも言及していることもあり、落合さんの『南北朝こそ日本の機密』に目を通した玉井さんはどう思われたか、次回お会いしたら詳しくお聞きしてみたい。

13051301.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/168-a288aa6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)