FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
天上界の音
令和初日、生石神社(兵庫県高砂市)にて斎行された寄絃乃儀に参列してきた。天上界の音、すなわち神人一如を体験をしたいと思ったからだ。ここで、本稿の最後に転載した寄絃乃儀を斎行したJINMOさんの筆による、「寄絃乃儀と天乃浮」(世界戦略情報誌『みち』に連載)に、以下のような記述がある(同誌平成30年12月1号)。

●実行委員会の嶋谷一也氏が私に言った。

「演奏が始まってすぐ、天乃浮石の遥か上空に、四つの明るい発光体が長時間に渡って浮遊しているのが、明確に視認できた」


これは、昨年の11月3日に生石神社にて斎行された、薪奏に参列した嶋谷一也氏の言である。しかし、本当に「四つの明るい発光体」を自分も視認できるのか、神人一如とでも呼ぶべき体験を、自分もできるのだろうかと思いつつ生石神社へと赴いたわけである。

残念ながら、会場が屋根で覆われていたため、天空を仰ぎ見ることはできず、嶋谷氏の言うところの四つの明るい発光体は視認できなかった。代わりに、INMOさんの奏でる音に、全神経を集中するように心がけた。やがて、恍惚とした状態に陥った。しかし、時々前に座る参列者らが焚くストロボで、現実の世に引き戻されることしばしば…。そうこうするうち、周囲から拍手が起こり、終演したのだということを知った。

せっかくここまで足を運んだのだからということで、同行者の猿都瑠さんと神前に進んだところ、『みち』の天童竺丸編集長の姿があった。声をかけたところ、促されたので二礼二拍一礼を行った。すると、天童さんが神岩の周囲を案内してくれ、神岩が奏でる音の神秘について詳説してくれたのである。このあたりは、やはり本稿の最後に転載した、JINMOさんの三回にわたる「寄絃乃儀と天乃浮」に目を通すといいだろう。

神岩を回った後、天童さんからJINMOさんを囲んでの直会があるので来いと誘われたのだが、残念なことに既に神戸市に宿を予約していた上、終電に間に合わないこともあって辞退し、JINMOさんにもお礼の言葉を述べ、会場を後にした。神戸の宿に向かう途中、時折だが脳裏に浮かんだのが霊性であった。神戸に到着して宿の温泉で疲れを癒した翌日、産経新聞の以下の記事が目に飛び込んできた。確実に、前稿「令和最初の日」の通りに世界は動いている…。

19050302.jpg

19050303.jpg


■即位後朝見の儀における天皇陛下初のお言葉(全文)

日本国憲法および皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。

 この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

 顧みれば、上皇陛下にはご即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御(み)心をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯(しんし)に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

 ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽(さん)に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。



19050301.jpg





 現界巫女3名については、以下のJINMO稿参照。

 塀の中の懲りない面々…、ではなくて「まほろば会」の面々。

 直会、出たかった…。

 小生は左側の奥で天上界の音に聞き入っていたが、幻想的な一夜であった。

19050107.jpg

19050108.jpg

19050109.jpg

19050110.jpg

19050111.jpg

19050112.jpg
関連記事
スポンサーサイト




コメント
ありがとうございました。
遠路遥々の御参加、本当にありがとうございました。
あの時をあと場所で共に過ごせましたことを、神々に感謝いたします。
[2019/05/04 00:52] URL | JINMO #i.XsxI72 [ 編集 ]

こちらこそ、ありがとうございました!
生石神社で聴かせていただいた天上界の音、まさに幻想的な一夜でした。

七月のまほろば会に、数名の道友と一緒に参加を予定しています。当日再会し、再び酒を酌み交わすことができれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

亀さん拝
[2019/05/04 02:23] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1675-092a41cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)