FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
家族のかたち
現在、NHKのBSプレミアムで山田洋次監督特集が放送されている。山田監督や倍賞千恵子のインタビューに加えて、主だった山田作品を幾本か織り込むという構成の特集である。

以下の三本は山田監督のインタビュー番組だが、山田監督が作品を通じて描いた、あるいは描こうとしていたのは、まさに「家族のかたち」そのものであったことを、今更ながら知った次第である。

山田洋次と語る「遙かなる山の呼び声」
山田洋次 87歳 映画に託す思い
さくらと民子、そして… ~山田洋次が描いた家族のかたち~


特に、最後の「さくらと民子」は、映画「同胞」が公開された時、同作品を新宿の映画館で観たのを思い出したのだし、懐かしささえ感じた亀さんであった。
「同胞」に見る、日本人の忘れ物

また、「さくらと民子」では「東京物語」も取り上げていたが、橋爪功演じる平山周吉が、蒼井優演じる間宮紀子に語った以下の言葉…


15091303.jpg

この先厳しい時代が待っているじゃろうが、あんたが、あの子の嫁になってくれれば、私は安心して死んでいけます。紀子さん、どうか、どうか、あの子をよろしくお願いします。
私は安心して死んでいけます


「東京物語」は2013年1月19日公開、山田作品のなかでは比較的新しい作品なのだが、それだけに、今風の家族のかたちを鮮やかに描いた作品だったと今にして思う。また、希薄になった今の家族の〝接着剤〟の役割を、蒼井に期待していたという山田監督の言葉を耳にして、接着剤という観点から同作品を改めて観ることで、家族のかたちについて考え直してみたいと思った。

ともあれ、山田監督が家族のかたちを撮った諸作品は、それぞれの時代背景が見事に描かれており、その意味で、近代日本の家族の変遷について考える上で、実に貴重な作品群と言えよう。亀さんも以下のように家族についての拙稿を書いているので、関心のある記事だけでも目を通してもらえたら幸いだ。

納豆型社会の情景
秋刀魚の味
東京物語
学校III
昭和35年という断層

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1607-236992c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)