プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
朝鮮戦争は誰が起こしたのか?
先週の土曜日(1月19日)、東京池袋にある世界戦略情報誌『みち』の編集室で、まほろば会という会合が開催され、『みち』の主幹である藤原源太郎さんの講話を聞きたく参加してきた。また、安西正鷹さんの「お金」や「大麻」の話も聞けるのも有り難い。

さて、当日は10名程度の集いだったが、そのうちの一人から「朝鮮戦争は誰が起こした戦争だったのか」という問いかけがあった。その時、「朝鮮動乱で唯一得をした国がある。何処か? 日本だ」という一つの意見が出た。この意見の意味するところは大きい。

当事の朝鮮半島は南北に分断され、南側は大韓民国の軍隊の他、国連軍(アメリカ・イギリス・フィリピン、オーストラリア、ベルギー、タイ王国,その他)であったのに対して、北側は北朝鮮軍と中国人民義勇軍であり(ソ連は武器支援を行った)、この両サイドで戦火を交えている。こうしてみると、最も得をした国は、朝鮮戦争に参戦はせず、寧ろ朝鮮戦争を経済復興に結びつけた日本だろう(ただし、国連軍の指示により、8,000人以上の規模で特別掃海艇を派遣、死者も出している)。これが意味するところを考えるところから、朝鮮戦争の正体が浮き彫りになってくる…。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/16-3fe99036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)