FC2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
中秋の名月
17102306.jpg

和菓子の最中が好きという読者も多いと思う。その最中、どうして「もなか」と言うのだろうか…。答えは、以下の漫画の中にある。

17102301.jpg
『あんどーなつ』第4巻 p.134~135

そう、最中とは満月を指していたのだ。満月と言えば、中秋の名月を連想するのだが、ここで飯山一郎さんの以下の記述に注目していただきたい。

今年満月の日付,暦(こよみ)が妙にヘンなのだ.
普通の年は,秋の満月(中秋の名月)は,たいてい9月なのだが…
今年2017年の中秋の名月・十五夜(旧暦8月15日)は,10月4日.
それで,月が真ん丸に見える満月は10月6日.この遅れは何だ?

地球から月を見る 月から地球を見る


亀さんも、中秋の名月は9月だとばかり思っていたが、今年に限って10月というのが頭の片隅で引っ掛かっていた。そんな折、上の記事を読んだというわけである。一読後、月と選挙後の日本を結びつけて、アレコレ考えた。日本の今後については追々と記事にしていくつもりだが、今回は月が人体に及ぼしているのは、何も重力(万有引力)に限ったことではなく、宇宙からの様々なエネルギーの影響を受けている、ということにも少し触れておきたい。そのあたりを述べた行を、『免疫力を高める生活』(西原克成 サンマーク出版)から引用しておく。

人体に影響を及ほすエネルギー
重力などのエネルギーに着目した個体発生学の研究で発見したのは、目と歯の発生過程の組織学標本の細胞の構成、つまり組織としての成り立ちが同じであるということでした。
目と歯は発生過程の組織構成のパターンが同じで、感知するエネルギーの種類が違うだけです。すなわち、目は電磁波を受ける器官であり、歯は重力作用のうち質量のある物質の咀噛という衝突の力学作用を受ける感覚器官。つまり、私たちは重力作用と電磁波を等価なものとして感知していたのです。
ほかに重力作用を感知する器官としては、骨と筋紡錘、三半規管、平衡器などがあります。
重力や力学作用とは何かというと、これは質量のある物質がもつ引力に基づくものです。質量のある物質には固体、気体、液体の三種があり、重力はこれらに対して引力として作用しますが、それぞれ作用のしかたが異なります。
なかでも顕著に作用するのが流体で、これは多細胞の生命体内では血液にあたります。七Gでヒトが簡単に死ぬのは、体液の循環が阻害されて脳に血が行かなくなってしまうからです。
そして私は、重力以外にも、以下のエネルギーに着目しました。
●太陽光線
●温熱
●寒冷
●気圧・水圧
●湿度
●音波・超音波
●流体力学
●引力
●電気
●電磁波動エネルギ-
●放射線
これら生命体に作用するエネルギーは、動物種によって受け方がそれぞれ異なります。海中の節足動物と陸上の温血動物では、温熱、寒冷エネルギーの受け方が違うのは、少し考えればわかることです。
しかし、これまでの科学や医学は、こんな重要なことも無視して進化や免疫、骨髄造血発生の謎について研究してきたのです。
いくら物貫科学的な現象だけを探求しても、人体に対するエネルギーの作用メカニズムはわかりません。
ヒトの生命活動や免疫について知るためには、どのようなエネルギーが人体の構造や機能、さらには生理や心理に、どのような影響を及ぼしているかという点に着目して、総合的な観点から研究していく必要があります。

『免疫力を高める生活』p.158~161


ここで、宇宙のエネルギーが人に及ぼしているのは、何も我々の身体だけではなく、精神、すなわち心にも影響を及ぼしていると、考えた方が理に適っていることに気づく。中でも、今年の中秋の名月の重力が人の身体と心に、実に大きな影響を及ぼしたという以下の飯山さんの指摘は重要だ。

満月の巨大な宇宙重力は,地球の森羅万象を変容させ…
それにつれて,人間社会の毀誉褒貶・人間模様が激変する!

地球から月を見る 月から地球を見る


17102304.jpg

この宇宙だが、宇宙には2兆個という途方もない数の銀河があり、我々の銀河系もそうした2兆個の一つだ。さらに、その銀河系には1000億個もの恒星があり、そうした恒星の一つが我々の太陽というわけである。そして、その太陽を公転している惑星の一つが、我々の住む地球だ。
宇宙に存在する銀河は2兆個、従来の見積もりの10倍

話を元に戻して、人類の大転換期を迎えているにあたり、今年の晩秋から初冬にかけ、以下の最悪の事態が起こりうる、ということも念頭に置いておきたい。

世界最強の米国に…,内乱に近い大混乱・騒動が起きる.
スッ高値・頂点に達したNY株式市場が,特大の大暴落.
誰の下命でもなく,トマホークが発射され,戦略核が暴発!
嗚呼 何ということだ!この魔坂の死は,暗殺か?という事態.
またもやワシらの国が,重く暗い時空を過ごさねばならぬ日々.
地球から月を見る 月から地球を見る


また、国内にも目を転じて、自民党の大勝ということに気を抜くことなく、むしろ、これからが安倍晋三vs.枝野幸男による、熾烈な殺し合いが始まると覚悟すべし。


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1518-f4a788cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)