プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
放射脳!
掲示板「放知技」で、飯山一郎さんが以下のような投稿を行っている。

17051101.jpg
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16090538/694/

■内部被曝の顕在化
ここで、「脳神経細胞の物理的破壊にあるのではないか?」という記述に注目されたい。

ここ数ヶ月にわたり、急に知識人の知的劣化ぶりが目立つようになったことに気づき、これは、フクイチ(福島第一原子力発電所)から、過去6年以上も日本列島を覆ってきた死の放射性物質が体内に蓄積、深刻な内部被曝による症状が目に見える形となって現れるようになったのではと思い、亀さんは「放射脳?」と題する記事を1ヶ月前に書いた。

その後、さらに多くの知識人の知的劣化ぶりをじっくりと観察することで、やはり知的劣化の最大の原因はフクイチであると、ここに至って確信したのである。だから、本稿の題を「放射脳」としたのも、そのためだ。最も分かりやすい例が、金玉満堂こと木枯らし紋次郎さんである。わずか9ヶ月前に亀さんは、「平成の木枯らし紋次郎、参上!」という記事を書いている。ここで、彼は亀さんなんか足下にも及ばぬ、実に秀でた知性の持ち主であった、と過去形で木枯らし紋次郎さんを形容しなければならないのは哀しいことだが、最近とみに多く見受けられるようになった、知識人の知的劣化の典型例を木枯らし紋次郎さんに見る。

■ルサンチマン
次に、知識人の知的劣化で他に考えられる原因の一つに、ルサンチマンがある。ルサンチマンについては、ウィキペディアの「ルサンチマン」の解説が分かりやすい。

17051102.jpg
リテラ

最近、産経新聞からリテラや日刊ゲンダイに至るまで、右も左も関係なく安倍首相に対する〝批判〟が凄まじいのだが、同様な現象が「放知技」の嘗ての常連さんにも多く見受けられるようになった。例として、新井信介氏を挙げてみよう。上記のウィキペディアの解説に、ルサンチマン知識人は「陰謀論や急進主義、刹那主義や否認主義」に陥っていると書かれているが、安倍首相のことを「デンデン」だのと、新井氏の好悪剥き出しの人格を貶めるような書き方、「新世代王族」などと、ありもしない幻の組織を頑なに信じるという新井氏の陰謀論に、ルサンチマンの典型例を見る。例えば、以下の新井氏の記事の見出しを一瞥しただけで、国際政治の理解度ゼロ(正恩クン、トランプにロックオンされちゃったよ)と分かるし、また、己れを生み育んでくれた国の首相のみならず、デンデンには関係のない安倍昭恵夫人までも一緒くたにして、「デンデン夫婦」と人格を貶めるような書き方をするあたり、新井氏の末期症状ぶりが分かるのである。
正恩クン、トランプにロックオンされちゃったよ。どうする?デンデン夫婦や葛西組もかな。

まともな神経の持ち主であれば、このような文を目にすれば唖然とする他はない。無論、こうした傾向は新井信介氏だけに限らず、副島隆彦、植草一秀、カレイドスコープといった、本を著したり有料メルマガを発行している人たちにも顕著な点である。

17051103.jpg
放知技にも、でんでんと叫ぶ〝とち狂った〟輩が一匹…(嗤)

■大局観ゼロ
内部被曝とルサンチマン以外に、大局観ゼロという点が考えられる。安倍叩きをやっている人たちは、例外なく安倍首相の肚、すなわちネオコンを官邸から追放したという事実、日本の最大の問題であるフクイチについて、プーチンと取り組むことを正式に決定した事実も知らない。だから、一事が万事、プーチンや安倍首相の肚が全く読めなくなっているのだ。例えば新井氏のように、「正恩クン、トランプにロックオンされちゃったよ」などと、正しく国際情勢の流れを把握している人たちから見れば、「阿呆か!」と言う他はないのである。そうした輩が国際情勢を正しく理解し、本物の大局観を身につけようにも、深刻な内部被曝に自身も含め日本列島の住民全員が罹っていること、そしてルサンチマンから抜け出すことが不可能なレベルにまで陥っていることを考えれば、国際情勢についての間違った見方・考え方を抱えたまま、一生を終えるであろうことは想像に難くない。

■太鼓持ち
ここで、改めて拙稿「放射脳?」に目を通していただきたい。佐藤優氏について亀さんは言及しているが、同記事を書いた時点では、佐藤氏は未だ内部被曝の影響が出ているようには見えなかったし、かと言ってルサンチマンでもない。だが、「シリア政府軍が自国民にサリンを撒いた」と、公の前で断言したことが強く印象に残るのだ。大局観ゼロぶりもはなはだしいものがあり、これだけの頭脳の持ち主が、どうして間違った大局観を身につけてしまったのだろうかと、なんとも不思議でならなかったのだが、「佐藤優は二年前にモサドと契約を交わし、情報提供者になった」ということを聞くに及んで、ようやく納得できた次第である。しかし、見方を変えれば、モサドがどのように日本をミスリードしたいのかということが、佐藤優氏の記事や本を読めば自ずと分かってくるので、ある意味で同氏は貴重な存在だと云えよう。

翻って、知識人でもない亀さんのような一般庶民はどーするべきか? 最も大切なことは、怠ることなく内部被曝への免疫力の向上に努めることである。亀さんのように普段は仕事に追われ、本を読む時間的な余裕があまりない場合でも、「放知技」を丹念に読み、そこで紹介された書籍に目を通すことで、だんだんと本物の大局観が身につくものである。やがて、真に安倍首相の肚を理解できるレベルに至れば、自ずと未来に希望を見い出せよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1418-870594d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)