プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
小百合とタモリ
大和ネクスト銀行がアンケートを行ったところ、50代以上でお手本にしたい有名人として、女性では吉永小百合、男性ではタモリがそれぞれ第一位だったと、今朝の東京新聞が報じていた。

17012905.jpg

その吉永小百合、現在東京新聞に「私の十本」という自伝を毎週日曜日に掲載している。初回は拙稿「愛を乞うひと」に転載したが、その後二回目と三回目も掲載されたので、本稿の最後に転載しておこう。それにしても、前稿に書いたことだが吉永小百合は、「良家のお嬢さんとして育ち、何不自由ない生活を送っていた」とばかり思っていたので、同シリーズの初回の自伝を読み、「米びつが空っぽになったという生活」を体験していることを知るに及び、人間として親しみを感じたものである。

第二回目の記事のインタビューを受けるにあたり、、吉永は自身が主演した「キューポラのある街」を久しぶりに見て、以下のような感想をもらしている。

常にあの映画を超えようと思って、新しい映画に出ているんですが、今回見直して、なかなかこれは超えられないな、と改めて感じました。できれば、若い人たちに見てほしいなあ。日本の歴史の中でこんな時間があって、貧しいけれど希望を持っていこうとした人たちがたくさんいた。それを知ってほしいですね。


なお、大和ネクスト銀行は50代以上の〝有名人〟についてのアンケートとしているが、吉永小百合は単に名の売れた有名人であるだけではなく、人間としても一流だと、シリーズ「私の十本」を読みながら、つくづく思ったことだった。

17012901.jpg
17012902.jpg

17012903.jpg
17012904.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント
小百合とタモリ
亀さん
ぼくも吉永小百合「私の10本」を読んでいます。
「吉永小百合は単に名の売れた有名人であるだけではなく、人間としても一流」の亀さんのご意見に同感です。
年代が違うこともあって、昔は吉永小百合は好きでも嫌いでもなかったのですが山田洋次の「かあべえ」を観てファンになりました。いつかドラマの「夢千代日記」を通して観たいと思っています。
[2017/01/29 11:07] URL | てくのぱぱ #- [ 編集 ]

サユリスト
小生が小学生の頃だったと思います。学習雑誌か何かに、雪景色をバックに二十歳前後の吉永小百合の写真が載っていたのを、今でも覚えていますし、その写真が頭に浮かぶんです…。

吉永小百合は1945年3月13日生まれ、ちょうど亀さんとは8歳違いの姉さんですが、亀さんより一年上の笑福亭鶴瓶に、「吉永さんと夫婦役で映画に出たい」と言わしめたほど、吉永小百合の気品ある美しさは不変ですね。小生も上原謙のようにカッコ-E-爺さんになり、吉永小百合と夫婦役で映画に出たかったんですが、叶わぬ夢だったワイ…(爆)。

亀さん拝
[2017/01/29 14:30] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1333-085d2045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)